過失割合と過失相殺

image_hoken

交通事故の損害賠償額に大きく関わるのが過失割合です。交通事故の多くは、両方の過失が認定されます。

被害者にも過失がある場合、一方的に加害者だけに損害賠償をさせるのではなく、過失割合に従って損害賠償額が相殺されます。これを過失相殺と言います。

過失相殺の仕組みを具体的に言うと、例えば、交通事故が発生して、Aさんが2,000万円の損害、Bさんが1,000万円の損害で、過失割合が、Aさん:Bさん=20%:80%だとしますと、Aさんの損害2,000万円について、Bさんは1,600万円(2,000万円×0.8)を支払うことになり、Bさんの損害1,000万円につき、Aさんは200万円(1,000万円×0.2)を支払うことになります。この場合、これらを相殺して、結局、Aさんが1,400万円を受け取ることになります。

過失割合で問題になるのは、過失割合を決めているのが、保険会社だということです。過失割合によって、被害者がもらえる損害賠償の金額が大きく変わりますので、保険会社の言いなりになってはいけません。とはいえ、過失割合は一方的にこちらの意見を主張しても認めてもらえません。

証拠と過失割合を認めてもらえるように説明する必要があります。保険会社は過失割合の交渉に慣れていますが、被害者の方で慣れている方はいらっしゃいませんので、この交渉を自分で行うのは難しいと思われます。納得がいかない場合や、不明点がある場合は弁護士に相談することをお勧めします


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード