後遺症に関する損害

後遺症(後遺障害)とは治療しても完治せず、「症状固定」の段階で体に不具合が残ることをいいます。後遺症(後遺障害)には1級から14級まで等級があり、この等級によって損害賠償の額が大きく変わってきます。

後遺症(後遺障害)が残る場合、損害賠償は主に後遺障害慰謝料と逸失利益で算出されます。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、後遺障害を負ったことによる精神的苦痛に対する補償です。

後遺障害等級 自賠責基準 裁判基準 労働能力喪失率
第1級 1,100万円 2,800万円 100%
第2級 958万円 2,400万円 100%
第3級 829万円 2,000万円 100%
第4級 712万円 1,700万円 92%
第5級 599万円 1,440万円 79%
第6級 498万円 1.220万円 67%
第7級 409万円 1,030万円 56%
第8級 324万円 830万円 45%
第9級 245万円 670万円 35%
第10級 187万円 530万円 27%
第11級 135万円 400万円 20%
第12級 90万円 280万円 14%
第13級 57万円 180万円 8%
第14級 32万円 110万円 5%

後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益とは、将来得られるはずだったが後遺障害のために得られなくなってしまった収入のことです。後遺障害逸失利益は、基礎収入に労働能力喪失割合を乗じて、これに労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数を乗じて算定します。この際の労働能力喪失割合も、上記表のように後遺障害の等級によって、基準が定められています。

逸失額=①事故前の年収×②労働能力喪失率×③ライプニッツ係数(④労働力喪失期間によります)で算定されることとなります。

ライプニッツ係数とは将来受け取るはずの金銭を前倒しで受けとるために得られた利益を控除するために使う指数です。たとえば、300万円を5年先にもらう事になっていた場合にそれを5年前倒しにもらう場合では、目の前の300万円と5年後の300万円では価値が異なるという考え方に立ち、現実的には利息が発生するので、「複利で運用した」とする場合には、5年後に300万円になる現在元本を算定する時に使う係数をライプニッツ係数と言います。
(ライプニッツ係数についてはこちらPDF資料にリンク)

労働能力喪失期間は、原則として67歳まで就労することを前提に、症状固定時から67歳までの期間がその対象となります。およそ55歳以上の高齢者(主婦を含む)については67歳までの年数と平均余命の2分の1のいずれか長期のほうを使用します。

損害賠償額の計算例
後遺障害等級10級の場合

例えば、症状固定時の年齢40歳、基礎収入が500万円で、後遺障害等級10級の認定を受けた場合の逸失利益は、

500万円×0.27(喪失率27%)×14.643(労働能力喪失期間27年のライプニッツ係数)=1976万8050円となります。
したがって、この事案では、
・後遺障害慰謝料530万円
・逸失利益1976万8050円
合計2506万8050円が後遺障害に基づく賠償額となります。

後遺障害の等級認定が後遺障害の賠償額を決める

後遺障害の等級認定は、医師の診断書を元に損害保険料率算出機構が行いますが、被害者が考えているような認定が受けられないことがしばしばあります。つまり、考えていたよりも低い等級で認定されてしまったり、「非該当」とされることもあります。

適正な後遺障害の認定を受けるためには、適切な治療を受け、適切な検査を受け、適切な行為障害の診断書を作成してもらうことが重要です。しかし同じ症状でも、医師がどのような治療を選択するか、検査を選択するかは、医師によって異なりますし、診断書の書き方も全く違います。また、医師で後遺障害の等級認定や慰謝料のことを詳しく知っている人は多くありません。ですので、適切な後遺障害の認定を受けるためにも、受傷直後、症状固定前から、後遺障害に詳しい弁護士に相談することをおすすめいたします。

交通事故に遭われた場合、できるだけ早い段階でご相談ください。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード