交通事故で使える保険

image_koutsujiko

 

加害者がどのような保険に加入しているかによって、使える保険が異なります。保険金の請求方法と併せて確認していきましょう。保険には大きく分けて、自動車保険、健康保険、労災保険の3つの保険があります。それぞれ説明いたします。

 

自動車保険

自動車保険には、自賠責保険任意保険があります。

自賠責保険

自賠責保険はナンバーのついた車を持っている人は必ず入らなければいけない保険です。
(詳しくはこちらへ 自賠責保険の特徴

任意保険

任意保険は、加入の義務はありません。自動車事故を起こしてしまった万一の場合に、自賠責保険だけでは補償額をカバーできないときに備えて任意に加入する自動車保険のことです。
(詳しくはこちらへ任意保険の特徴

健康保険・損害保険

被害者自らが保険料を負担し、保険契約により保険金が支払われるものです。損害補償金とは性質がことなるため、数社からでも保険金を受け取ることができます。

労災保険

業務上や通勤途中での交通事故によって死傷した場合に、被害者本人や遺族に補償金や給付金が支給されます。ただし、加害者の加入している自動車保険から賠償金の支払を受けたときや、加害者の加入する「人身障害補償保険」から支払を受けたときには、労災保険からの給付が行われません。

また、労災保険から休業保険をうけていた場合は、その分を除いた金額を加害者に請求することになります。2重に請求することはできません。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード