遷延性意識障害

意識不明のまま長期間昏睡状態にある患者を、自発的に活動できないことから遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)(植物状態)の患者ということがあります。下記の条件を全て満たす場合、遷延性意識障害にあたるとされています。

①自力移動が不可能。
②自力で摂食が不可能。
③屎尿失禁状態にある。
④眼球はかろうじて物を追うこともあるが認識できない。
⑤発声はあっても、意味ある発語は不可能。
⑥「眼を開け、手を握れ」などの簡単な命令に応ずることもあるが、それ以上の意思の疎通は不可能。
⑦①~⑥の状態が3ヶ月以上続いている

遷延性意識障害の等級認定

遷延性意識障害(植物状態)の後遺障害の等級は、通常、介護を要する後遺障害等級1級が認定されます。

交通事故の後遺障害の種類


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード