中心性脊髄損傷

脊髄とは脳から背骨の中を通って伸びている太い神経のようなものです。
脊髄は脳と同じ中枢神経なので、一度傷つくと二度と再生することができません。しかもその損傷個所に伴い、体に麻痺が残るので「ただ頭を打って、手足がしびれただけ」と言ってそのままにしておくのは避けた方がよいです。

通常の単純X線撮影だけでは見逃してしまうような箇所もあるので、なるべくCTやMRI撮影を行った方がよいといえます
解剖学的には上肢に行く神経線維は中心寄りに、下肢に行く神経線維は外側寄りに存在しますので、

中心部に損傷が強ければ上肢の症状が重く、下肢の症状は軽くなるのです。

脊髄の辺縁部は周辺を取り囲む多くの血管によって栄養を受けていますが、中心部は中心動脈から枝分かれした毛細血管から栄養を受けています。

このことからも脊髄の中心部は損傷を受け易く、回復しにくいという特徴を示します。

この症例は「変形性脊椎症」や「脊柱管狭窄症」が基礎にある中年以降の被害者に比較的軽微な受傷機転で発症することが多いのを特徴としています。

おおむね予後は良好とされていますが、中年以降の被害者には先の既往歴が予想されますので治療は長期化し、改善も不良なことが多いのです。

ステロイド剤の治療がメインですが、改善傾向を示さない場合、後遺障害等級は9級以上が認定されます。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード