弁護士に委任するメリット

被害者の方は、弁護士に委任することにより、保険会社との話し合いのストレスがなくなり、治療に専念できます。

被害者の方が長年交通事故の示談ばかりしている保険会社と対等に交渉することは困難です。

むち打ちで後遺障害14級9号が認定された追突事故の専業主婦の場合、地方裁判所基準は治療費以外でおよそ300万円になるこてが多いにもかかわらず、任意保険会社の任意保険基準では、例えば140万円から180万円という提示がよくみられます。

弁護士費用特約がない場合でも、弁護士費用を差し引いても、弁護士が交渉して増額する部分は50万円程度以上のケースがよくあります(事案により例外もあります)。
弁護士費用特約があれば費用の負担や保険料の増額を心配することなく委任することができます。

弁護士は、事故直後から、積極的にサポートしています。 弁護士にすべてを一任、ストレスからも解放され、静かな環境で、治療に専念することを考えましょう。

交通事故の無料相談では、受傷1、2、3ヵ月の相談が望ましいです。
早ければ早いほどベストです。

ムチウチに対しても、真面目に取り組んでいます。
ムチウチで後遺障害等級14級9号や12級13号が認定されるべき方には認定に向けてサポートします。

ムチウチから高次脳機能障害、死亡事故まで、幅広く人身事故と後遺障害に対応しています。

お持ちでしたら、後遺障害診断書、画像をCD化して相談に持参してください。

弁護士費用特約のある方は、岡山方面、相生市や姫路三木方面など遠方、西神中央駅付近など神戸市西区方面などに出張相談が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード