股関節脱臼・骨折

(1)病態

乗車中の交通事故で、膝がダッシュボードに打ちつけられ、発症します。

運転席や助手席で膝を曲げた状態のまま、ダッシュボードに膝を打ちつけ、大腿骨が関節包を突き破り長軸方向=後方に押し上げられます。 股関節脱臼に伴い、寛骨臼=大腿骨頭が収まっている部分の骨折も、多数例です。 全体の70%は後方脱臼となり、これについて解説します。

(2)症状

関節の脱臼につき、脱臼部位の痛み、腫れ、関節の異常可動域、内側に異常に曲がる状態となり、後方に大腿骨が押し上げられ、大腿は短くなっています。

(3)診断

単純XP撮影で大腿骨頭が、寛骨臼から外れているのが確認できます。

(4)治療と後遺障害

後方脱臼は、麻酔下で、外れた大腿骨頭を寛骨臼にはめ込みます。 脱臼に骨折を合併している、脱臼骨折の場合は、観血的に、ねじ釘で骨折寛骨臼を固定します。

骨折を伴っている場合は、骨折片が坐骨神経を圧迫し、坐骨神経麻痺を引き起こします。
大腿骨頭は、3本の血管により栄養を送り込まれていますが、脱臼によりこの血管を損傷すると大腿骨頭に栄養や酸素が供給されなくなり、大腿骨頭が壊死に至ります。

股関節脱臼を24時間以内に整復しないと、この大腿骨頭壊死が高率で発生します。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード