後十字靭帯損傷

(1)病態

交通事故では膝をダッシュボードで打ちつけて発症することが多いです。

運転席や助手席で膝を曲げた状態のまま、ダッシュボードに外力・衝撃などによって、膝を打ちつけ、脛骨が90°曲がったまま後方に押しやられたときに発症します。
同時に、膝蓋骨骨折・頚骨顆部骨折などに合併して生じることが多いのです。
後十字靭帯損傷は、前十字靭帯損傷と比べ、機能障害の自覚や痛みが少ないのが特徴です。

(2)症状

前十字靭帯損傷に比して、痛みや機能障害の自覚が小さいのですが、それでも痛みと腫脹が出現します。訴えは、膝蓋骨骨折等の痛みが中心となります。

(3)診断

ACL損傷に同じく、PCL損傷もテストによって診断をおこないます。靭帯が切断されている場合、当然ながら、膝がぐらつくので、そのぐらつきの有無や特性により診断することになります。

膝を90°屈曲すると、下腿の重みで脛骨が後方に落ち込みます。
仰向けで股関節を45°と膝を90°曲げます。後十字靭帯損傷があるなら、当然膝がぐらつきますが、この場合、脛骨上端を後方に押すとぐらつきます。

上記のようなテストで大まかな診断が付きますが、損傷の程度を知るために単純X線写真、CTスキャン、関節造影、MRI等の検査を行います。MRIがとても有効です。

ストレスXP撮影

脛骨を後方に押し出し、ストレスをかけた状態でXP撮影を行います。
断裂がある場合、脛骨が後方に押し出されて写ります。

(4)治療と後遺障害

単独損傷であれば大腿四頭筋訓練を中心とした保存的な療法で回復に向かいます。
膝を90°屈曲すると下腿の重みで脛骨が後方に落ち込むのですが、これが10mm以上のものは再建術の適用となります。

ストレスXP撮影で10度以上の動揺性が認められる場合は、手術の対象となりますが、極めて高度な技術を必要とします。 
膝関節外来が設置され、膝の専門医のいる医大系の総合病院を選択する必要があります。

医師に手術の自信がなく、保存療法に終始した被害者の例が多くみられます。
この場合、膝関節に動揺性が認められ、日常生活や仕事上に大きな支障が認められる状況です。

後遺障害の立証には、必ずストレスXP撮影が必要となります。  ストレス撮影で動揺が立証されない限り、12級以上の認定はなされないと、承知してください。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード