高次脳機能障害の後遺障害の要件

要件1

傷病名は?

脳挫傷、び慢性軸策損傷、び慢性脳損傷、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、 脳室出血でなければなりません。
又、骨折後の脂肪塞栓で呼吸障害を発症し脳に供給される酸素が激減した結果の
低酸素脳症もこれに該当します。

要件2

初診時に頭部外傷の診断があり、頭部外傷後の意識障害が少なくとも6時間以上続いている又は 健忘症あるいは軽度意識障害が少なくとも1週間以上続いている症例でなければなりません。

ここで説明する意識障害とは、半昏睡~昏睡状態で呼びかけに開眼・応答しない状態でJCSが3桁、
GCSが8点以下のもの、軽度意識障害とはJCSが2~1桁、GCSが13~14点のものを示しています。

意識障害の分類

ジャパン・コーマ・スケール(JCS)
日本で考案され、医療機関、救急隊で広く使用されています。
3-3-9度方式とも説明します。
JCS(Japan Coma Scale)。3-3-9度方式ともいう。
日本で最も普及している意識障害の評価方法です。刺激を加えたときに、どの程度反応したり覚醒したりするかを調べる方法である。
刺激による開眼状態で大きくI、II、IIIの3段階に分類し、さらにそれぞれを3段階に細分化して合計9段階で評価する。点数が大きいほど重い意識障害と判断する。

■I 刺激しないでも覚醒している状態
・1点:だいたい意識清明だが、今ひとつはっきりしない
・2点:見当識障害(自分がなぜここにいるのか、ここはどこなのか、といった状況が理解されていない状態)がある
・3点:自分の名前、生年月日が言えない

■II 刺激すると覚醒するが刺激をやめると眠り込む状態
・10点:普通の呼びかけで容易に開眼する
・20点:大きな声または体をゆさぶることにより開眼する
・30点:痛み刺激を加えつつ呼びかけを繰り返すと、かろうじて開眼する

■III 刺激をしても覚醒しない状態
・100点:痛み刺激に対し、払いのけるような動作をする
・200点:痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる
・300点:痛み刺激に反応しない

ジャパンコーマスケールの他にも、意識障害の評価にはグラスゴーコーマスケールがある。

グラスゴー・コーマ・スケール(GCS)

国際的に使用される分類です。

最高15点、最低3点となります。
通常11点以上で中程度の障害を残し、
7点以下の被害者は死亡、植物状態の
可能性が高いと説明されています。

GCS(Glasgow Coma Scale)。
国際的に広く利用されている意識障害の評価方法。「開眼」、「言葉の応答」、「運動機能」の3つの要素について患者がどの段階にあるのかを診断し、それぞれの項目の合計点によって意識レベルを測定する。正常は15点満点で、点数が小さいほど重症である。
1974年に英国のグラスゴー大学によって発表されたため、このような名前が付けられた。

■E 開眼(Eye Opening)
・4点 自発的に開眼
・3点 音声により開眼
・2点 痛みや刺激により開眼
・1点 開眼せず

■V 言葉の応答(Best Verbal Response)
・5点 見当識あり(現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握している)
・4点 会話混乱(会話は成立するが見当識が混乱)
・3点 言語混乱(発語はみられるが会話は成立しない)
・2点 理解不明の声を出す
・1点 発語せず

■M 運動機能(Best Motor Response)
・6点 命令に従う
・5点 痛みや刺激を感じる部分を認識して手足で払いのける
・4点 四肢屈曲反応、逃避(痛み刺激に対して四肢を引っ込める)
・3点 四肢屈曲反応、異常(痛み刺激に対して緩徐な屈曲運動)
・2点 四肢伸展反応(痛み刺激に対して緩徐な伸展運動)
・1点 まったく動かず

日本ではGCSよりも簡易なジャパンコーマスケールが広く利用されている。

要件3

頭部画像上、初診時の脳外傷が明らかで、少なくとも3ヶ月以内に脳失拡大・ 脳萎縮が確認される症例であれば、画像上の立証所見として問題がありません。 

脳室拡大や脳萎縮は受傷から1~数ヶ月で完成します。

受傷直後であれば、これらが認められないのが通例ですから、
これと比較して脳の体積が減少していれば器質的損傷を立証したことになるのです。
全てのケースでこれが立証できる訳ではありません。

この場合は、スペクト検査を受け脳内の血流障害を立証して行く必要が考えられます。

要件4

知能検査

高次脳機能障害による認知障害は知能検査で明らかにすることが可能です。

WAIS-R検査、ベンダーゲシュタルトテスト、コース立方体テストが代表的です。

これは動作性と言語性からIQの判定を行うもので精神科が担当しています。
尚、被害者がお子様の場合はWISC-Ⅲ検査となり、これは小児科が担当します。
但し、これらのテストでは個別的な認知機能を調べているに過ぎません。
WAIS-Rでも記憶の要素はあまり重視されていないのです。

現状の医学のレベルでは人格変化を客観的に捉える検査方法は存在していないのです。
先の検査は受けて頂く必要がありますが、
これだけで全体を把握出来る訳でないことを承知しておいて下さい。

IQスケール
偏差・IQ レベル
130以上 最優
120~129 優
110~119 中の上
90~109 中
80~89 中の下
70~79 劣
69以下 最劣・白痴

WAIS-R成人知能検査

最も一般的に使用されている知能検査。ウェクスラー式知能検査の特徴は、項目間の独立性が高く、プロフィール分析を行うことでIQを越えた個人の知的な構造の特徴を抽出できることである。さらに「何に間違って何ができるのか」を評価する。
IQや下位検査の折れ線グラフしか出せないのは、ロールシャッハ・テストで点数を出すだけで終わるのと同じことである。ロールシャッハ・テストにおいて継起分析が重要なように、WAIS-Rにおいては内容分析が重要である。
極論すれば、点数を出して機械的にプロフィールを書くだけならば、そこに心理学の専門性はなく、臨床心理士が施行する必然性などまったくない。問題を解くためには何が必要なのかという、ベースとなっている個々の認知機能に迫ることが必要であり、そのためには健常な人間の認知機能・発達過程をよく理解し、それが破壊されたときにどのような症状(陽性・陰性)が出現するかを理解する必要がある。このことは、すべての検査に共通する。
WAIS-Rは、神経生理学上、後部脳の機能を主に測定しており、前頭葉機能を測定するためには前頭葉検査を施行しなければならない。また、WAIS-Rには記憶を把握するための項目がほぼないため、WMS-RやRBMT等の別の記憶検査を施行する必要がある。  

ベンダーゲシュタルトテスト

BGTはベンダー・ゲシュタルト・テストの略で、1946年、L. ベンダー女史によって発表された図形模写のテストである。

9個の幾何図形を模写させて、それを一定の基準に従って処理し分析するという、操作の比較的簡単な短時間で実施できるテストである。
視覚・運動ゲシュタルト機能の成熟度や機能的、器質的障害の様相、さらにパーソナリティの偏りなどを臨床的に診断するテストである。
本検査は人間像の一面を照し出し、質問紙法や投影法とは質的に違った特性をもっている。他の検査法とバッテリーを組むと特長ある検査結果が得られ、様々な精神疾患に使用され、実地臨床家にとって有用性の高いテストである。
児童用記録用紙(コピッツ法):コピッツ法は筋肉的協応の未熟な幼少児童に適する方法。採点は2件法による25アイテム。 成人用記録用紙(パスカル法):図形別得点の他に項目別(回転、くりかえし等)の得点集計が出来る新形式。

要件5

認定実務を担当する調査事務所は、先の立証により1級1号~9級10号を認めるとしておりますが、 人間の身体は大阪名物の「箱寿司」ではありません。

具体的な諸症状が認められるものの、IQが100以上の数値で、
立証に困惑しておられる被害者も現実には沢山おられます。
早々簡単に立証出来ないのが現実でもあります。

この場合でも、
「軽度な片麻痺が存在するかどうか?」
「頻尿や便秘等の泌尿器科的症状があるかどうか?」
「視覚、特に視野に変状がないかどうか?」
「味覚、嗅覚を脱失していないかどうか?」
について、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科で精査受診し、細かな諸症状をまとめていく必要があります。

要件6

認定実務を担当する調査事務所は、1級1号~9級10号の該当性を判断すると表明しております。

具体的な諸症状が認められるものの、IQが100以上の数値で、
立証に困惑しておられる被害者も現実には沢山おられます。
早々簡単に立証出来ないのが現実でもあります。

この場合でも、
「軽度な片麻痺が存在するかどうか?」
「頻尿や便秘等の泌尿器科的症状があるかどうか?」
「視覚、特に視野に変状がないかどうか?」
「味覚、嗅覚を脱失していないかどうか?」
について、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科で精査受診し、細かな諸症状をまとめていく必要があります。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード