後遺障害とは

後遺障害は、英語では permanent disease と表現します。
これをそのまま直訳すれば、永久に治りきらない疾患となります。

さて、交通事故による後遺障害は、自賠法で規定されており、 1 ~ 14 級の 140 種の後遺障害が 35 の系列に分類されて規定されています。これは労災保険の障害認定基準を丸ごとそのまま利用したものに過ぎませんので、そんなに難しく考える必要もありません。

損害賠償を氷山にたとえると、眼に見える部分が傷害部分の損害です。
つまり、怪我をして治療を終了するまでの損害なのです。
後遺障害部分の損害は、海の中に隠れているのですが、構成比率は 80%以上です。

保険会社から治療の打ち切りが打診され、ムキになって通院を続ける被害者もたくさんいますが、これは間違っているのです。

交通事故被害者は早期の回復と社会復帰を実現しなければならないのです。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード