半月板損傷

膝関節には関節を支え、左右前後のズレを防止している靭帯の他に、関節の動きを滑らかにし、クッションの役目を担当する半月板という組織があります。 大腿骨と脛骨の間に存在し、もんこイカの刺身をイメージさせる色と硬さの軟骨のクッション、上下の圧力を分散し、関節軟骨を保護しているのです。 医学的には、細胞外線維性基質と説明する軟骨の一種です。

交通事故では、膝を曲げた状態で捻った際に、半月板が大腿骨と脛骨の間に挟まれて、損傷を受けるのです。

痛みや炎症による腫脹、膝のロッキング等が認められます。
半月板の辺縁部には血管が存在し、損傷が、血管の存在する辺縁部まで達したときは、関節内に出血します。 
可動域制限や膝を曲げるとグキグキの異常音を発します。

診断については、下記テストによります。
1マクマレー・テスト
仰向けで、膝を最大限曲げ、ゆっくりと足を医師が動かすと、膝に激痛やグキグキの異常音が聞こえます。

2グリンディング・テスト
うつ伏せで、膝を90度屈曲し、踵を下に押しつけながらまわすと痛みを発します。

上記のテスト以外に、単純XP撮影、CTスキャン、関節造影、MRIなどにより診断をしていますが、MRIがとても有効です。関節鏡検査は、直接、半月板の損傷を確認することができます。

半月板の大部分は血液を送り込んでいる血管がありません。 
そのため、半月板損傷に対する治療法は、温熱療法、関節内に直接ステロイドを注入する薬物療法、痛み止めや消炎鎮痛剤等の内服、リハビリテーションなどの保存的治療が中心となりますが、近年は、放置すると変形性膝関節症に発展するところから、手術が選択されます。

手術は、断裂部位の縫合か、切除の2者択一です。

手術は関節鏡という小さなカメラを関節に入れて、モニターテレビで関節の中を見ながら行います。術後は膝をギプス固定し安静を保ちます。
縫合の場合は、術後6週間、切除の場合は、2週間で社会復帰が可能です。

単独損傷で後遺障害が残ることはありませんが、交通事故では、MCL、ACL損傷に合併するものが大半です。この場合は、動揺関節が後遺障害の対象となるのです。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード