前十字靭帯損傷(ACL損傷)

膝関節前十字靱帯(ACL)とは?

ALCは膝関節のほぼ中心にあって、大腿骨に対して脛骨が前にずれないように押さえています。また、膝にひねりが加わった時にも、膝がずれないように支える役目があります。この靱帯の損傷は、急な方向転換やジャンプと着地を繰り返す競技で多発する傾向があり、ACLが切れると、急な方向転換やジャンプの着地の時に膝ががくっとずれる、いわゆる「膝くずれ」が起きて、膝が頼りない感じになります。

膝は太腿の骨とすねの骨をつなぐ関節です。 膝には内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯の4つの靭帯が存在します。

その目的から、前十字靭帯は、膝関節の安定性を保つ上では1番重要な靭帯です。 膝を伸ばしている時、この靭帯は、張っている状態です。 交通事故では、膝を伸ばして踏ん張っている時に、膝を捻ると前十字靭帯損傷がおきます。

交通事故では二輪車を運転中の事故受傷に多く発生、ほとんどは、断裂で何かが切れたような、ブチッという音を感じたと、多くの被害者の供述です。関節内は大量に出血、パンパンに腫れます。

前十字靭帯損傷は、lachmanテストで診断を行います。 靭帯が断裂していれば、当然、膝がグラつくのですが、そのグラつきの有無や、特性をテストで確認します。

膝を15~20°屈曲させ、前方に引き出します。 
前十字靭帯断裂の場合、脛骨が異常に前方に引き出されます。
右記のようなテストで大まかな診断がつきますが、損傷の程度を知るために単純XP撮影、CTスキャン、関節造影、MRI等が実施されます。 MRIがとても有効です。

脛骨を前方に引き出し、ストレスをかけてXP撮影を行います。 
断裂がある場合、脛骨が前方に引き出されて写ります 。

受傷直後は膝を固定し患部を氷水でアイシングします。 
アイシングは膝全体に3~4日間続けます。 
一度断裂した前十字靭帯は自然につながることはありません。 軽症例に対しては、大腿四頭筋やハムストリング筋などを強化する、保存的治療をおこないます。

前方引き出しテストで、すねが太腿より前に以上に引き出される状態では、膝崩れを頻発し半月板損傷を引き起こします。したがって、手術により靭帯の再建をおこないます。

靭帯の再腱術は受傷後1ヵ月程度の安静と可動域訓練の後に半腱様筋腱、薄筋腱、膝蓋腱の中央3分の1を採取して前十字靭帯を繋ぎ再建します。
再腱後は8~12ヵ月のリハビリが必要です。
その他では、痛みや腫れがひいた受傷4~6週間後に、関節鏡下において自家靭帯で靭帯再建術を行ないます。

ストレスXP撮影で一定の動揺性が認められる場合は、手術の対象となりますが、極めて高度な技術を必要とします。 
膝関節外来が設置、膝の専門医のいる医大系の総合病院を選択する必要があります。

通常歩行に常時、装具の必要性のある場合は、1関節の用廃で8級7号が認定されます。

受傷からの時間が経過している場合は、必ず手術で改善できる保証がありません。
したがって、このケースでは、後遺障害等級の獲得を先行、その後に、手術を選択します。

常時、固定装具を装着する必要性のないものは、10級11号が、重激な労働に限って、固定装具の必要性のあるものは、12級7号が認定されます。

後遺障害の立証には、必ずストレスXP撮影が必要となります。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード