尺骨神経麻痺

橈骨神経は、特殊な走行をしています。頸椎から鎖骨の下を通り、腋窩を通過した神経は、上腕骨の外側をぐるっと回って、外側から、前腕の筋肉に行きます。また、この神経は、手の甲の皮膚の感覚を伝えます。神経圧迫は、この上腕骨をぐるっとまわるところで起こり易いのです。

尺骨神経は腋の下から肘の内側を走行し、手首を越えて手先まで通っているのです。
この神経は薬指と小指の知覚と手指を動かす筋肉を支配しています。

肘には尺骨神経溝と線維性腱膜で形成された肘部管があり、尺骨神経が通っています。 
交通事故と尺骨神経との関係は、交通事故により肘関節部の切創・肘部管症候群、上腕顆上骨折、上腕骨内上顆骨折、事故による変形性肘関節症、外反肘、手関節切創が尺骨神経麻痺の原因になると考えられます。

尺骨神経が圧迫を受けると、薬指と小指が痺れ、手に力が入りづらくなります。
母指内転筋・小指外転筋・骨間筋が脱力し筋萎縮を起こします。
この結果、手は鷲手変形をきたすのです。 
尺骨神経は、薬指と小指の感覚を支配しているので、この部位に感覚障害が生じます。

上右図のFroment徴候、Tinel徴候などのテストに加え、誘発筋電図も有効な検査です。

尺骨神経麻痺があると、紙が簡単に抜けてしまいます。

この神経が圧迫を受けやすい場所は肘と手首です。
肘で発症するのを、肘部管症候群、手首で発症するのを、ギヨン管症候群と呼びます。
いずれも肘部管、ギヨン管というトンネルの中で圧迫されていると理解してください。

神経伝導検査によって病変部位の特定が可能です。 
治療は保存的に低周波電気刺激療法やマッサージ、レーザー光線の照射が行われますが、効果が得られないものは神経剥離術、神経移行術がおこなわれます。 
これらが不可能なものは腱移植術をおこない、装具の装用で機能を補完することになります。
専門医の執刀でなければ、なりません。

外反肘・変形性肘関節症などにより肘部菅が圧迫することにより尺骨神経麻痺を起こしたものを、肘部菅症候群と言い、この場合は圧迫があるので、手術により尺骨神経の圧迫を開放します。
他の疾患により尺骨神経麻痺を生じている場合は、基本的にその原因を調べ、それに応じた治療がおこなわれています。


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード