後遺障害等級12級7号:弁護士介入により示談金770万円 60歳代 男性

事件の概要

被害者が自転車で横断歩道を走行していたところ、加害者の車にはねられ、半月板を損傷したもの。 

 

弁護士介入後の示談内容

被害者は症状が固定する前より受任し、医師面談の上、後遺症について被害者請求。半月板損傷による稼動域制限により後遺症12級7号が認定。なお被害者の過失は5パーセント。

事故当時、無職であったため逸失利益が争点となったが依頼人の収入を立証し交渉。損害総額約770万円(治療費115万円を含む)にて示談。

12級の最新記事
その他の最新記事
体幹・脊柱の最新記事
逸失利益の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード