後遺障害等級14級9号:弁護士介入により保険会社の提示額より200万円増額に成功したケース

事件の概要

50歳代の男性が事故による頚部捻挫に伴い左頚部、左肩、左手首に疼痛、痺れ感残存、左上肢全体の鈍重感及び脱力感が認められ後遺障害14級9号が認定。

 

保険会社提示額

後遺障害逸失利益 71万5000円
後遺障害慰謝料 32万0000円

 

弁護士が示談した結果

後遺障害逸失利益 193万5000円
後遺障害慰謝料 110万0000円

 

弁護士からの一言

本件では、主として、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益が問題となった。 依頼者の職種の具体的内容、後遺症が仕事に与える影響、後遺障害診断書の診断内容記載などを丁寧に説明して示談交渉した結果、裁判基準での示談となり、200万円の増額に成功した。

14級の最新記事
その他の最新記事
上肢の最新記事
慰謝料の最新記事
逸失利益の最新記事
頚部の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード