後遺障害等級非該当:弁護士介入により保険会社提示額より約83万円の増額に成功したケース

事案

追突事故により外傷性頸部症候群、腰椎捻挫の傷害(40代女性)。後遺障害の等級はなし。

 

保険会社提示額

休業損害:全年齢平均賃金の60%を基準に約11万円
傷害慰謝料:約17万円

 

弁護士介入後の示談内容

休業損害:約50万円
傷害慰謝料:約63万円

 

弁護士のコメント

本件では、専業主婦の休業損害について裁判基準を下回る保険会社に対して裁判例を根拠に示談をすすめ最終的に裁判基準にしたがい解決した。

主婦の最新記事
休業損害の最新記事
体幹・脊柱の最新記事
慰謝料の最新記事
解決事例の最新記事
非該当の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード