後遺障害等級14級9号:弁護士介入により保険会社提示額より約240万円の増額に成功したケース

事件の概要

信号待ちのところ追突事故で頸部捻挫等の傷害を負われた事案。

後遺症で重いものが持ちにくくなり家事にも支障がでたことから保険会社示談提示後に相談にこられ受任。

 

弁護士介入の成果

等級については自賠責認定結果、後遺障害診断書、画像所見等を確認し14級9号が妥当と判断。保険会社提示額から弁護士介入後に240万円増額して示談。

 

保険会社の提示額

小計      180万円

内訳

通院慰謝料    90万円
休業損害     40万円
後遺障害逸失利益 30万円
後遺障害慰謝料  30万円

上記のように裁判基準と比べて低かったため弁護士が示談することにより裁判基準をベースに保険会社提示額を基準とすると賠償額が約2.2倍に増加したものです。

 

弁護士介入後の示談内容

小計        397万円

内訳

通院慰謝料    120万円
休業損害       90万円 
後遺障害逸失利益    77万円
後遺障害慰謝料   110万円

 

追突事故でムチウチ被害にあわれた専業主婦の方は受傷直後から弁護士に相談・委任されることをおすすめします。

14級の最新記事
主婦の最新記事
休業損害の最新記事
慰謝料の最新記事
解決事例の最新記事
逸失利益の最新記事
頚部の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード