後遺障害等級12級6号:弁護士介入により保険会社提示額より約220万円増額したケース

事件の概要

交通整理のされていない交差点にて、依頼者様の原付自動車と相手方車が出合い頭で衝突しました。 肩腱板表層断裂と診断され、後遺障害12級6号の認定を受けました。

依頼者様の過失は3割。 依頼者様が賠償金約400万円の提示を受けた後、弁護士に相談され委任にいたりました。

 

弁護士介入後の金額

保険会社提示は400万円でしたが、通院慰謝料、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益が地方裁判所基準より低かったため、弁護士が交渉しました。

その結果、約1か月後、約220万円増額して約620万円で解決。過失が30%あり、基礎収入が低かったため逸失利益が低額となるので賠償金も相対的に低くなった事案でしたが、依頼者様には満足頂けました。

12級の最新記事
その他の最新記事
上肢の最新記事
慰謝料の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード