後遺障害等級14級9号:弁護士介入により賠償額約500万

事件の概要

会社員の40代男性が、追突事故により頚椎捻挫及び腰椎捻挫と診断。事故から約3ヶ月後にご相談をいただきました。

 

弁護士介入による成果

後遺障害認定申請からサポートを行い、必要な検査、医師面談を経て被害者請求により14級9号が認定されました。

弁護士が地方裁判所基準で損害計算して交渉した結果、賠償額合計約500万円(治療費用を除く)にて示談が成立いたしました。

 

賠償金

合計 約500万円

内訳

休業損害160万円
通院慰謝料 約103万円
後遺障害逸失利益 約124万円
後遺障害慰謝料 約110万円
その他 省略

14級の最新記事
会社員の最新記事
体幹・脊柱の最新記事
解決事例の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード