40歳代 男性 給与所得者 腰椎圧迫骨折 11級7号

40歳代 男性 給与所得者 腰椎圧迫骨折 11級7号
弁護士受任前365万円から弁護士が交渉し約1135万円増額し1500万円で示談成立
 

事故態様 受傷内容

 
依頼人様がバイクで車道を直進中、相手方車が反対車線から右折を開始して衝突し、腰椎圧迫骨折等の傷害を負われました。
 

弁護士に相談・委任 

 
治療を経て後遺障害11級7号が認定され保険会社から賠償提示として支払額約365万円を受けた段階で不安になり弁護士に委任されました。
 

賠償請求について

 
弁護士が画像・後遺障害診断書・レセプト等の資料を精査し等級内容の妥当性を確認して11級7号が妥当であると判断しました。
 
そこで賠償額について検討し交渉した結果、後遺障害逸失利益が争点となり、保険会社は当初0円を主張していましたが、丁寧に立証資料を提出し交渉した結果、当初提示より約1135万円の増額に成功して治療費等の既払い額を除く賠償額として1500万円で示談が成立しました。
 
依頼人様には大変感謝されて弁護士としても早期に良い条件で示談できて満足できました。
6級~11級の最新記事
争点別の最新記事
会社員の最新記事
体幹・脊柱の最新記事
等級別の最新記事
職業別の最新記事
解決事例の最新記事
逸失利益の最新記事
部位別の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード