後遺障害併合10級 後遺障害申請からサポートし約1050万円で示談成立。

事件の概要

依頼者様が自転車で幹線道路を横断しようとしたところ、幹線道路を直進してきた相手方車と出会い頭衝突となり、自転車が転倒して足関節三果骨折等の怪我をおわれた事例。依頼者様は受傷後、保険会社とのやりとりや医師の治療方針・後遺障害について不安になり相談にこられました。

 

弁護士介入の成果

早速、弁護士が受任し、保険会社等から資料を回収し、画像分析等の医療調査や刑事記録とりつけ等の事故原因調査の後、症状固定日に医師面談を実施し、後遺障害について被害者請求を行いました。予想とおり併合10級が認定されました。

 

弁護士の一言

過失がきわめて大きい事案でしたが、上記の医療調査や事故原因調査等の準備により示談交渉も円滑に進み、争点となった過失や慰謝料・後遺障害逸失利益についても交渉により請求とおりの金額(治療費以外で約1050万円)で示談が成立しました。依頼者様はとても満足されていました。

6級~11級の最新記事
下肢の最新記事
主婦の最新記事
慰謝料の最新記事
解決事例の最新記事
過失割合の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード