30歳代 女性 主婦 12級7号 賠償額約1160万円にて示談解決

事故態様

30歳代専業主婦の方が自転車で走行中に車にはねられ半月版損傷等の傷害を追われた事案で

症状固定前から弁護士に委任されました。
 

受傷内容

 
正座ができないなどつらい症状をお聞きして、弁護士としてなんとか被害者の救済のために尽力したいと思った事案です。
 

後遺障害申請について

 
まず治療状況や症状に関してレセプト診断書、画像について確認したところ神経症状での後遺障害は確実との印象があり、さらに可動域の制限について原因が明確かを確認することになりました。
 
そのために必要な検査を経て、画像鑑定等の医療調査を経て医師面談を行い、後遺障害診断書を作成し、被害者請求を行いました。
 
その結果、可動域制限について想定どおり12級7号が認定されました。
 
等級については妥当と判断したので12級7号を前提に賠償交渉に移行しました。
 

賠償請求について

 
賠償交渉においては過失割合と後遺障害逸失利益等が争点になりましたが
家事への支障等を丁寧に説明し、その他必要な主張立証を十分に行った結果弁護士の主張が概ね認められ、
治療費等既払い額以外の賠償金として約1160万円にて示談が成立しました。 
 
本件のポイント
 
主治医が丁寧に後遺障害診断書を記載されたことも12級7号の認定になった理由だと思います。
12級の最新記事
下肢の最新記事
主婦の最新記事
争点別の最新記事
等級別の最新記事
職業別の最新記事
解決事例の最新記事
逸失利益の最新記事
過失割合の最新記事
部位別の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード