50歳代 女性 専業主婦 非該当 賠償金約230万で示談

事故態様

 
    依頼人の運転していた車が信号待ちで停止中に後方から脇見運転で走行してきた加害者車に追突
 された。

受傷内容

 
  不意をつかれた追突の衝撃により、頚椎捻挫、腰椎捻挫の受傷を負われました。
 寝込むくらいの重く辛い症状が継続し、治療期間も長期にわたりました。
 
  依頼人の自覚症状の訴えを主治医がカルテや診断書に記載せず、その他、非協力的な対応に終始
 したため、後遺障害が厳しい状況になっていた。
 

弁護士に相談・委任

 
 悩まれた依頼人が弁護士に相談、委任されました。
 

遺障害申請について

 
 諸事情により、遺憾ながら後遺障害の認定は断念することになりました。
 

賠償請求について

 
  傷害部分の通院慰謝料や休業損害などの賠償交渉においては、弁護士の請求が概ね認められ、
 治療費用など既払い額以外として賠償金約230万円で示談しました。
 
本件のポイント
 
 後遺障害は断念したものの、賠償金については依頼人の満足のできる金額でした。
主婦の最新記事
体幹・脊柱の最新記事
等級別の最新記事
職業別の最新記事
解決事例の最新記事
部位別の最新記事
非該当の最新記事
頚部の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード