40歳代 会社員 12級13号 中足骨骨折 弁護士が交渉して約330万円増額して約650万円で示談成立した事例

事故態様

 
 
  依頼人様が原付で道路を走行中に相手方の車が急に車線変更して原付に接触してきたため原付が
 転倒し、頭部と足を強打し、中足骨骨などの傷害を負われました。
 

受傷内容

 
  相当期間、松葉杖での歩行を余儀なくされ、症状固定後においても、疼痛がひどく階段の昇り
 降りが困難になるなど後遺障害が残存され、事前認定により、後遺障害の審査の結果、等級12級
 13号が認定されました。
 

弁護士に相談・委任

 
  その後、保険会社から賠償金約320万円の提示を受けた依頼人様が不安になり弁護士に相談され
 委任されました。
 

後遺障害申請について

 
  資料を確認したところ、可動域制限はなく、疼痛についての後遺障害等級は12級13号が妥当で
 あったので、賠償交渉に移行しました。
 

賠償請求について

 
  賠償金については、弁護士が交渉した結果治療費用以外の賠償金として受任時と比べて
 約330円増額し、約650万円で示談できました。
 
本件のポイント
 
    早期解決となり、金額面でも概ね弁護士の請求が認められ、依頼人様にも喜んでいただくことが
 できました。
 
12級の最新記事
下肢の最新記事
等級別の最新記事
解決事例の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード