追突事故被害者(50才代 団体職員) 頚椎捻挫などむち打ち 14級認定後 450万円で示談

事故態様

  依頼人様は、交差点で停止中に、前方不注意の相手方車に追突されて頚椎捻挫などむち打ちになりました。

受傷内容

 頸部痛や腕のしびれがひどく整形外科にリハビリ通院を継続されていました。

弁護士に相談・委任

 家事ができなくなり家族に迷惑をかけることがストレスになっておられました。
また、相手方保険会社とのやりとりや後遺障害について不安になられ弁護士に相談されました。

後遺障害申請について


 委任を受けた弁護士が主治医に面談や治療状況、画像を確認し後遺障害の可能性について説明しました。
賠償金が後遺障害の等級で大きく変化することを知って驚かれていました。

神経学的検査やMRIの画像所見などを確認して、14級9号が相当であると確認しました。

被害者請求により14級が認定されました。主治医の診断内容に照らして14級が妥当と判断したため、そのまま賠償交渉に移りました。

賠償請求について

 賠償交渉においては、後遺障害逸失利益や休業損害が争点になりましたが、必要な資料を提出し、粘り強く交渉した結果、14級としてはかなり高額な賠償金450万円で示談ができました

 なお、賠償金450万円は、治療費用は除きます。
治療費用を加算すれば600万円を超える金額になります。

むち打ち事案解決多数

 当事務所の解決事例の賠償金には、当然ですが、治療費用や既払い済みの休業損害なとをは含まれておりません。

 当事務所は、後遺障害の認定はもちろん、賠償請求についても豊富な経験がありますので、14級9号の認定を受けた方もお気軽にお問い合わせいただきましたら幸いです。

弁護士費用特約があればもちろん、弁護士費用特約のな依頼人の方は是非お問い合わせください。

そもそも14級9号が妥当な認定なのか、12級13号の可能性がないのかから検証させていただきます。

むち打ち事案の解決には豊富な実績があります。
訴訟せず、比較的早期に弁護士基準で解決できる事案がほとんどです

事故に遭われたことは非常に不運なことですが、交通事故被害者様が前に進むためのお手伝いができましたら幸いです。

14級の最新記事
争点別の最新記事
休業損害の最新記事
会社員の最新記事
等級別の最新記事
職業別の最新記事
解決事例の最新記事
逸失利益の最新記事
部位別の最新記事
頚部の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード