50歳代 女性 主婦 頚椎捻挫腰椎捻挫で併合14級

事故態様

前方車両が右折するために停止していたので、停止中に後方から追突され、頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負われました。

弁護士に相談・委任

事故直後の段階から、弁護士に委任いただき、MRI画像やレセプト診断書の分析により頚椎捻挫腰椎捻挫については12級13号の可能性は厳しく、14級の可能性が高いと判断したため、医師面談を実施するなど後遺障害の申請からサポートを行ないました。

後遺障害認定


その結果、想定通り、頚椎捻挫、腰椎捻挫で併合14級が認定されました。

賠償交渉において


治療費以外の賠償金として約390万円で示談が成立しました。

弁護士 岡田よりメッセージ


追突事故により頚椎捻挫、腰椎捻挫の診断を受けた方は弁護士法人あしや 岡田法律事務所にご相談いただけましたら幸いです。

特に、むち打ちで、ご加入の保険に弁護士費用特約のある方は是非ご相談いただけましたら幸いです。
弁護士費用特約は、ご家族の車についていれば利用できる場合が多いです。

もちろん、プラトー骨折や肩腱板損傷、腱板断裂の方、脳挫傷、高次脳機能障害の被害者の方など重傷事案についても豊富な経験がありますのでご相談ください。
むち打ち事案、骨折事案や高次脳機能障害については早期の対応が重要です。
画像CDをご準備いただきご連絡ください。
むち打ちについては、画像によりなぜ14級の可能性があるのか、12級の可能性があるのか説明させていただきます。高次脳機能障害についても同様に想定等級について根拠を説明させていただきます。

14級の最新記事
主婦の最新記事
体幹・脊柱の最新記事
等級別の最新記事
職業別の最新記事
解決事例の最新記事
部位別の最新記事
頚部の最新記事
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード