‘慰謝料’

40歳代 主婦 顔面醜状痕12級認定 賠償金約424万円で示談成立。

事故態様 自転車で走行中に相手方車に衝突され顔面を負傷されるなど受傷されました。 後遺障害申請において 顔面醜状について後遺障害診断書に丁寧に反映させ、後遺障害について12級が認定されました。 賠償交渉において 争点は過失割合、通院慰謝料、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益でしたが、賠償交渉により、概ね弁護士の請求が認められ治療費や休業損害など既払い金を除き賠償金約424万円で示談できまし
続きを読む >>

頚椎捻挫・14級 40歳代主婦 賠償金約335万円で示談した事例

事故態様    信号待ちで停止中に後方から追突されました。   受傷内容    頚椎捻挫の傷害をおわれました。   弁護士に相談・委任    症状がつらくて保険会社とのやりとりが煩わしくなり当事務所に相談されました。   後遺障害申請において    相談において、症状と通院状況を確認し、必要な検査をコーディネートして症状固定後の後遺障害  申請の準備をすすめました。主
続きを読む >>

頚椎捻挫・腰椎捻挫 併合14級 50歳代主婦 賠償金約325万円で示談した事例

事故態様   信号待ちで停止中に後方から追突された方です。   受傷内容   頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害をおわれました。   弁護士に相談・委任   保険会社とのやりとりで一部治療費用の支払い拒否等のトラブルがあり不安におもわれた 事故から4ヵ月後に当事務所に相談されました。   後遺障害申請において   相談において、症状と通院状況を確認したところ検査に不足があったの
続きを読む >>

高次脳機能障害7級(併合6級)賠償額約6300万円で解決した事例

事故態様 加害者が飲酒運転で赤信号を無視し交差点に進入し、交差点に進入した依頼人様のバイクと衝突した事故でした。極めて悪質な事故です。 受傷内容 衝突後、頭部を地面に強打されるなどしたため脳挫傷、鎖骨骨折等の重傷を負われ、事故前と比べて些細なことでも怒りっぽくなり性格変化が認められ、記憶障害等の高次脳機能障害、肩関節機能障害等の症状が残存した。事故前の仕事はもはや困難になりました。 弁護士
続きを読む >>

後遺障害併合10級 後遺障害申請からサポートし約1050万円で示談成立。

事件の概要 依頼者様が自転車で幹線道路を横断しようとしたところ、幹線道路を直進してきた相手方車と出会い頭衝突となり、自転車が転倒して足関節三果骨折等の怪我をおわれた事例。依頼者様は受傷後、保険会社とのやりとりや医師の治療方針・後遺障害について不安になり相談にこられました。   弁護士介入の成果 早速、弁護士が受任し、保険会社等から資料を回収し、画像分析等の医療調査や刑事記録とりつ
続きを読む >>

後遺障害等級12級:顔面醜状の逸失利益を認めさせ、約425万円増額した事例

事件の概要 20歳代女性が原付バイクで走行中、車と出会い頭事故により、顔面を負傷し顔面醜状により後遺症12級が認定された。依頼者様に過失5パーセントあり。相手方任意保険会社から賠償金の提示があったが、不安になり弁護士に委任されました。   弁護士介入による成果 保険会社提示額 合計約250万円 (主な損害内容、通院慰謝料25万円、後遺障害部分224万円) 弁護士が交渉した結果、
続きを読む >>

後遺障害等級12級6号:弁護士介入により保険会社提示額より約220万円増額したケース

事件の概要 交通整理のされていない交差点にて、依頼者様の原付自動車と相手方車が出合い頭で衝突しました。 肩腱板表層断裂と診断され、後遺障害12級6号の認定を受けました。 依頼者様の過失は3割。 依頼者様が賠償金約400万円の提示を受けた後、弁護士に相談され委任にいたりました。   弁護士介入後の金額 保険会社提示は400万円でしたが、通院慰謝料、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利
続きを読む >>

後遺障害等級14級9号:弁護士介入により保険会社提示額より約240万円の増額に成功したケース

事件の概要 信号待ちのところ追突事故で頸部捻挫等の傷害を負われた事案。 後遺症で重いものが持ちにくくなり家事にも支障がでたことから保険会社示談提示後に相談にこられ受任。   弁護士介入の成果 等級については自賠責認定結果、後遺障害診断書、画像所見等を確認し14級9号が妥当と判断。保険会社提示額から弁護士介入後に240万円増額して示談。   保険会社の提示額 小計
続きを読む >>

後遺障害等級非該当:弁護士介入により保険会社提示額より約83万円の増額に成功したケース

事案 追突事故により外傷性頸部症候群、腰椎捻挫の傷害(40代女性)。後遺障害の等級はなし。   保険会社提示額 休業損害:全年齢平均賃金の60%を基準に約11万円 傷害慰謝料:約17万円   弁護士介入後の示談内容 休業損害:約50万円 傷害慰謝料:約63万円   弁護士のコメント 本件では、専業主婦の休業損害について裁判基準を下回る保険会社に対し
続きを読む >>

後遺障害等級12級:弁護士介入により保険会社提示額より400万円の増額に成功したケース

事件の概要 交差点において、被害者(事故当時12歳女性)が自転車を運転し横断歩道を横断中のところ、信号待ちの状態から発信した大型トラックの衝突、転倒し、左太腿及び足部挫滅擦過創を負ったもの(左下腿前面に手のひらの大きさの3倍以上の瘢痕)。なお、被害者の過失3割。   保険会社提示額 後遺障害慰謝料 224万円 後遺障害逸失利益 0円   弁護士介入後の示談内容 後
続きを読む >>



<< 前の情報を見る
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード