‘会社員’

40歳代 男性 給与所得者 腰椎圧迫骨折 11級7号

40歳代 男性 給与所得者 腰椎圧迫骨折 11級7号 弁護士受任前365万円から弁護士が交渉し約1135万円増額し1500万円で示談成立   事故態様 受傷内容   依頼人様がバイクで車道を直進中、相手方車が反対車線から右折を開始して衝突し、腰椎圧迫骨折等の傷害を負われました。   弁護士に相談・委任    治療を経て後遺障害11級7号が認定され保険会社から賠償提示として支払額約
続きを読む >>

40歳代 男性 会社員 顔面醜状12級、頚椎捻挫腰椎捻挫で併合14級

事故態様 歩行中に相手方の車に跳ね飛ばされ、地面に接触した顔面に傷が残り、また頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負われました。 幸い頭部外傷の程度は軽く、脳に損傷もなかったことから高次脳機能障害は残存しませんでした。しかし、症状により仕事ができず約4ヶ月間休職を余儀なくされました。 弁護士に相談・委任 治療打ち切り前の段階から、弁護士に委任いただき、MRI画像やレセプト診断書の分析により頚椎捻挫腰椎
続きを読む >>

追突事故被害者(50才代 団体職員) 頚椎捻挫などむち打ち 14級認定後 450万円で示談

事故態様   依頼人様は、交差点で停止中に、前方不注意の相手方車に追突されて頚椎捻挫などむち打ちになりました。 受傷内容  頸部痛や腕のしびれがひどく整形外科にリハビリ通院を継続されていました。 弁護士に相談・委任  家事ができなくなり家族に迷惑をかけることがストレスになっておられました。また、相手方保険会社とのやりとりや後遺障害について不安になられ弁護士に相談されました。 後遺障害申
続きを読む >>

高次脳機能障害7級(併合6級)賠償額約6300万円で解決した事例

事故態様 加害者が飲酒運転で赤信号を無視し交差点に進入し、交差点に進入した依頼人様のバイクと衝突した事故でした。極めて悪質な事故です。 受傷内容 衝突後、頭部を地面に強打されるなどしたため脳挫傷、鎖骨骨折等の重傷を負われ、事故前と比べて些細なことでも怒りっぽくなり性格変化が認められ、記憶障害等の高次脳機能障害、肩関節機能障害等の症状が残存した。事故前の仕事はもはや困難になりました。 弁護士
続きを読む >>

後遺障害等級併合4級:高次能機能障害で併合4級、賠償額約5000万で解決した事例

  事故態様   30歳代男性 会社員 依頼人様車が直進中、右折してきた相手方車に衝突され、脳挫傷など重症を負われました。   受傷内容   衝突後、頭部を地面に強打されるなどしたため脳挫傷を負われ、事故前と比べて些細なことでも怒りっぽくなり性格変化が認められ、記憶障害等の高次脳機能障害の症状が残存した。事故前の仕事はもはや困難になり退職を余儀なくされました。   弁護士に相談
続きを読む >>

後遺障害等級12級13号:14級9号が認定されたが、異議申し立てを行い12級13号が認定された事例。

事件の概要 50代男性 信号待ちで停止中、ノーブレーキで追突され頚椎捻挫、腰椎捻挫と診断。 事故後、上肢の痺れが強く後遺障害について不安になり弁護士に委任されました。 医師面談を実施し必要な検査をお願いし、後遺障害診断書を作成。 初回の被害者請求で14級9号が認定されましたが、証拠を補充して異議申し立てを行い12級13号が認定されました。 賠償交渉にて、逸失利益の基礎収入が争点になりましたが、
続きを読む >>

事故後早期からサポートし後遺障害併合6級が認定(高次脳機能障害等)

事件の概要 夜間、依頼者様のバイクが青信号の交差点に侵入したところ、信号無視してきた相手方車に衝突され脳挫傷などの重傷を負われました。あまりの重症事故でどうなるのか不安をもたれた依頼者様の親族が事故からまもなくに弁護士に相談にこられました。   弁護士介入の成果 脳挫傷の傷病名や画像所見、記憶障害等の日常生活上の異常等により高次脳機能障害を想定して後遺障害の申請に不可欠な各種検査
続きを読む >>

後遺障害等級14級9号:弁護士介入により賠償額約330万円

事件の概要 40歳代男性会社員 14級9号 示談額約330万円 追突事故により頚椎捻挫の受傷。 事故後、仕事も休めずに辛い思いをしておられましたが、保険会社から治療打ち切りを告げられ、後遺障害が心配になり、また保険会社とのやり取りがストレスになったので、弁護士に相談にこられました。   賠償金の内訳 賠償金 約330万円 内訳 通院慰謝料93万円 後遺障害慰謝料110万円
続きを読む >>

後遺障害等級14級9号:弁護士介入により賠償額約300万円

事件の概要 30歳代男性 会社員 14級9号 頚部捻挫 幹線道路の信号待ちで停止中、追突事故により頚部捻挫の受傷にあわれた。 事故直後に不安になり、また、仕事が忙しいので保険会社との対応を避けたいこともあり、弁護士に委任されました。   弁護士介入による成果 画像検査などを指示し、画像分析など 医療調査を経て後遺障害について被害者請求して、14級9号が認定され、示談交渉により、概
続きを読む >>

後遺障害等級14級:弁護士介入により賠償額約390万円

事件の概要 20歳代女性 会社員 頚椎捻挫、腰椎捻挫 依頼者様の車が信号待ちで停止中に後方から追突。   弁護士介入による成果 事故後、しばらくして、ご依頼いただき、画像分析、各種医療調査、医師面談などを経て被害者請求により、頚椎捻挫と腰椎捻挫で併合14級が認定。 通販系損保のため示談交渉にやや時間がかかりましたが、ほぼ弁護士の請求どおりの地方裁判所基準で示談成立しました。
続きを読む >>



<< 前の情報を見る
  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード