‘体幹・脊柱’

40歳代 男性 給与所得者 腰椎圧迫骨折 11級7号

40歳代 男性 給与所得者 腰椎圧迫骨折 11級7号 弁護士受任前365万円から弁護士が交渉し約1135万円増額し1500万円で示談成立   事故態様 受傷内容   依頼人様がバイクで車道を直進中、相手方車が反対車線から右折を開始して衝突し、腰椎圧迫骨折等の傷害を負われました。   弁護士に相談・委任    治療を経て後遺障害11級7号が認定され保険会社から賠償提示として支払額約
続きを読む >>

50歳代 女性 主婦 頚椎捻挫腰椎捻挫で併合14級

事故態様 前方車両が右折するために停止していたので、停止中に後方から追突され、頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負われました。 弁護士に相談・委任 事故直後の段階から、弁護士に委任いただき、MRI画像やレセプト診断書の分析により頚椎捻挫腰椎捻挫については12級13号の可能性は厳しく、14級の可能性が高いと判断したため、医師面談を実施するなど後遺障害の申請からサポートを行ないました。 後遺障害認定
続きを読む >>

40歳代 男性 会社員 顔面醜状12級、頚椎捻挫腰椎捻挫で併合14級

事故態様 歩行中に相手方の車に跳ね飛ばされ、地面に接触した顔面に傷が残り、また頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負われました。 幸い頭部外傷の程度は軽く、脳に損傷もなかったことから高次脳機能障害は残存しませんでした。しかし、症状により仕事ができず約4ヶ月間休職を余儀なくされました。 弁護士に相談・委任 治療打ち切り前の段階から、弁護士に委任いただき、MRI画像やレセプト診断書の分析により頚椎捻挫腰椎
続きを読む >>

50歳代 女性 専業主婦 非該当 賠償金約230万で示談

事故態様       依頼人の運転していた車が信号待ちで停止中に後方から脇見運転で走行してきた加害者車に追突  された。 受傷内容     不意をつかれた追突の衝撃により、頚椎捻挫、腰椎捻挫の受傷を負われました。  寝込むくらいの重く辛い症状が継続し、治療期間も長期にわたりました。     依頼人の自覚症状の訴えを主治医がカルテや診断書に記載せず、その他、非協力的な対応に終始
続きを読む >>

頚椎捻挫・腰椎捻挫 併合14級 50歳代主婦 賠償金約325万円で示談した事例

事故態様   信号待ちで停止中に後方から追突された方です。   受傷内容   頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害をおわれました。   弁護士に相談・委任   保険会社とのやりとりで一部治療費用の支払い拒否等のトラブルがあり不安におもわれた 事故から4ヵ月後に当事務所に相談されました。   後遺障害申請において   相談において、症状と通院状況を確認したところ検査に不足があったの
続きを読む >>

12級8号 弁護士が交渉し約250万円から650万円増額し約900万円で示談した事例

事案の概要 自転車で交差点に侵入したところ、加害者車が前方不注意で衝突し大腿骨骨折など重症を追われました。 当初保険会社から約250万円の提示を受けたところで不安になり、弁護士に委任されました。   弁護士の介入結果 弁護士が交渉した結果、当初提示された賠償金の約3.6倍の約900万円で示談が成立いたしました。(900万円に治療費用など既払い金は含まれていません)。 弁護士の
続きを読む >>

後遺障害等級14級9号:弁護士介入により賠償額約410万円

事件の概要 専業主婦の30代女性が、追突事故により頚椎捻挫及び腰椎捻挫と診断。   弁護士介入による成果 事故から約3ヶ月後にご相談をいただきました。 後遺障害認定申請からサポートを行い、必要な検査、医師面談を経て被害者請求により14級9号が認定されました。 弁護士が地方裁判所基準で損害計算して交渉した結果、賠償額合計約410万円(治療費用を除く)にて示談が成立いたしました。
続きを読む >>

後遺障害等級14級9号:弁護士介入により賠償額約500万

事件の概要 会社員の40代男性が、追突事故により頚椎捻挫及び腰椎捻挫と診断。事故から約3ヶ月後にご相談をいただきました。   弁護士介入による成果 後遺障害認定申請からサポートを行い、必要な検査、医師面談を経て被害者請求により14級9号が認定されました。 弁護士が地方裁判所基準で損害計算して交渉した結果、賠償額合計約500万円(治療費用を除く)にて示談が成立いたしました。 &
続きを読む >>

後遺障害等級非該当:弁護士介入により保険会社提示額より約83万円の増額に成功したケース

事案 追突事故により外傷性頸部症候群、腰椎捻挫の傷害(40代女性)。後遺障害の等級はなし。   保険会社提示額 休業損害:全年齢平均賃金の60%を基準に約11万円 傷害慰謝料:約17万円   弁護士介入後の示談内容 休業損害:約50万円 傷害慰謝料:約63万円   弁護士のコメント 本件では、専業主婦の休業損害について裁判基準を下回る保険会社に対し
続きを読む >>

後遺障害等級12級7号:弁護士介入により示談金770万円 60歳代 男性

事件の概要 被害者が自転車で横断歩道を走行していたところ、加害者の車にはねられ、半月板を損傷したもの。    弁護士介入後の示談内容 被害者は症状が固定する前より受任し、医師面談の上、後遺症について被害者請求。半月板損傷による稼動域制限により後遺症12級7号が認定。なお被害者の過失は5パーセント。 事故当時、無職であったため逸失利益が争点となったが依頼人の収入を立証し交渉。損害
続きを読む >>



  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード