交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

2外傷性頚部症候群の神経症状について

2-1

ほ乳類は、くびの長さに関係なく、キリンからカバに至るまで7個の頚椎を有しています。

参考までに、例外のナマケモノは9個の頚椎を有し、頭部を270°まで回転させることができます。

2-2

頚椎、cervical spineは、Cで表示、C1~C7と呼びます。さて、人間の頚椎も7つの椎体で構成されており、頭部を支える役目を有しています。

外傷性頚部症候群の神経症状とは、左右いずれかの頚部、肩、上肢から手指にかけての痺れです。痺れといっても、14級9号のレベルであれば、それほど深刻なものではありません。

無料相談会では、「重さ感、だるさ感、軽い痛み、しびれ感はありませんか?」と、自覚症状の範囲を拡大して、確認しています。

 外傷性頚部症候群で注目すべきは、C5/6、C6/7の神経根に限られています。脊髄から枝分かれをしたC5/6、C6/7の左右2本の神経根は、左右の上肢を支配しているからです。

C5/6右神経根が圧迫を受けると、右手の親指と人差し指に、C6/7では、薬指と小指に痺れが出現するのです。

 XPやCTは骨を見るためのもので、神経根が確認できるのは、MRIだけです。

2-3

受傷後に撮影したMRIで、C5/6/7の神経根の通り道が狭まっている、明確に圧迫を受けている。

これらが確認できたときは、自覚症状に一致した画像所見が得られたことになるのです。後遺障害の獲得に一歩、近づいたことになるのです。ですから、早期にMRIの撮影を受けてください。

早期とは、受傷から2カ月以内です。

 

外傷性頚部症候群における後遺障害のポイント

 1)MRIで注目すべきは、C5/6とC6/7です。

自覚症状に一致するMRI所見が得られるのは、C5/6/7であるからです。

 2)4つの必要十分条件?

①車VS車の衝突では、30万円以上の物損、

②事故直後からの症状の出現、早期、2カ月以内のMRI撮影、

③6カ月間の真面目な整形外科通院、

④紳士的、常識的で信憑性が感じられる療養態度、

後遺障害では、上記の4つが重点的に審査されています。4つが達成できないと、後遺障害の認定はありません。

 3)損害賠償は、有能な弁護士に

専業主婦の方でも、弁護士が交渉すれば、14級で320万円、12級なら735万円が期待できます。なぜなら、裁判で適用される地方裁判所支払基準で示談交渉を進めるからです。

 交通事故無料相談会で、等級獲得までの一切を説明しています。

実は、この場で説明できないことがたくさんあります。

後遺障害を確実なものにしたいとお考えの被害者の方は、できるだけ早期に、受傷から2カ月以内に、MRIのCDを持参して、交通事故無料相談会に参加してください。

14級9号か、12級13号か、それとも非該当か、根拠を明らかにして納得できる説明を行っています。

 

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード