交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

3バレ・リュー症候群と耳鳴り、その他の障害について

3-1

緑色の交感神経節が損傷することにより、バレ・リュー症候群を発症します。

頚部交感神経損傷を原因とするバレ・リュー症候群は、不眠が続くことから、頭痛が代表的ですが、重症例では、倦怠感、疲労感、熱感、脱力感、眩暈、耳鳴り、難聴、眼精疲労、流涙、視力調節障害、痺れ、肩凝り、背痛、腰痛、頭重感、動悸、息切れ、四肢冷感、食欲不振、胃重感、悪心、腹痛、下痢、便秘などの不定愁訴に、一気に襲われることがあります。深酒もしていないのに、朝起きたら、強烈な二日酔い、そんな症状です。

 バレ・リュー症候群の諸症状は、麻酔科、ペインクリニックに通院、交感神経ブロック療法を続ければ、多くは、2カ月程度で改善が得られます。改善が得られるのですから、後遺障害の対象にはなりません。

 頭部外傷Ⅱ型以上を原因とする頭痛は、後遺障害の対象ですが、バレ・リュー症候群であれば、対象から排除されています。

 外傷性頚部症候群における後遺障害のポイント

 1)バレ・リューでは、後遺障害が認定されない

交感神経異常を原因とするバレ・リュー症候群の不定愁訴は後遺障害の対象ではありません。頭痛、眩暈、吐き気で苦しむ被害者は、整形外科以外にペインクリニックに通院し、交感神経ブロック療法で症状の改善を目指すことになります。

 2)耳鳴りは、条件が揃えば、12級相当

①耳鳴りでは、耳鼻科におけるオージオグラム検査で30dB以上の難聴を伴い、ピッチマッチ、ラウドネスバランスの耳鳴り検査で、耳鳴りが他覚的に立証されたときは、12級相当が認められています。

バレ・リューでも、耳鳴りを感じることがありますが、難聴を伴うことはなく、交感神経節ブロック療法で改善が得られます。

 ②自覚症状の訴えと耳鼻科における検査

通院治療先が整形外科でも、事故直後から耳鳴りの自覚症状を訴えておかなければなりません。そして、早期に耳鼻科を受診、オージオグラム検査を受けることです。症状の訴えがなく、2、3カ月を経過すると、事故との因果関係は否定されるからです。

3)排尿障害、嗅覚の脱失

中心的な傷病名が外傷性頚部症候群であっても、排尿障害の症状があり、尿管カテーテルで強制導尿を実施している被害者に11級10号が、嗅覚の脱失で12級相当が認定されている事例があります。

前者では、ウロダイナミクス検査で尿道括約筋の異常を、後者では、T&Tオルファクトメータで、嗅覚の脱失を立証しています。

事故直後から自覚症状の訴えがあり、症状固定まで継続していれば、原因は特定できなくとも、自覚症状が検査で立証されていれば、損保料率機構調査事務所は等級を認定しています。

排尿障害では、等級認定までに6カ月、嗅覚脱失では、1年間を要しました。悩みに悩み抜いて認定してくれた印象です。

 実は、この場で説明できないことがたくさんあります。

後遺障害を確実なものにしたいとお考えの被害者は、できるだけ早期に、受傷から2カ月以内に、MRIのCDを持参して、交通事故無料相談会に参加してください。

14級9号か、12級13号か、それとも非該当か、根拠を明らかにして納得できる説明を行っています。

また、当日都合が悪くご参加いただけない被害者様には、弁護士が姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎方面へ無料出張相談も行っております。(弁護士費用特約の方のみ)

どうぞ、お気軽にお電話にてお問い合わせください。

 

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード