交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

17手根骨の骨折 舟状骨々折(しゅうじょうこつこっせつ)

17-1

舟状骨(しゅうじょうこつ)は親指のつけ根に存在しています。

プロは、親指のつけ根が痛んだら舟状骨骨折、小指のつけ根が痛んだらTFCC損傷を疑います。

転んで手のひらを強く突くと、手関節を構成する手根骨の一つ、舟状骨が骨折することがあります。

交通事故では、自転車とバイクの運転者で、数多くを経験しています。

 舟状骨は手関節にある8つの手根骨の1つで親指側にあり、手根骨の中でも重要なものの1つです。

船底のような彎曲をしているので船のような形の骨ということで舟状骨と呼びます。

舟状骨は、親指の列にあり、他の指の列とは45°傾斜して存在しています。

そのため舟状骨の骨折は、通常のXPでは骨折は見えにくく、見逃されることが多いのです。

XPよりも、CTが診断には有用です。 

舟状骨は血液の流れが悪いため、骨が付きにくい、偽関節になりやすい特徴があります。

骨折と骨の血行状態を知るには、MRIが役立ちます。

 

舟状骨骨折における後遺障害のポイント

1)放置しておくと、因果関係を否定される

症状は、手関節を動かすと痛みが強く、手のひらの親指側を押すと痛みが出現、握力は低下します。

ところが、耐えられない激痛ではなく、医師に与えるインパクトは弱いのです。

「しばらく様子を見ましょう」 と専門医でなければ見過ごされるのが一般的です。

 4、5か月を経過し、手の専門外来を受診、舟状骨骨折と診断されても、損保料率機構調査事務所は、本件事故との因果関係を疑うのです。

初診時のカルテに、右手打撲などの傷病名がなく、自覚症状の記載もなければ、手の打ちようがありません。

骨折が発見されているのに、因果関係が否定され、非該当とされるのです。

受傷後、手首の痛みが、なかなかとれないときには、急いで専門医を受診しなければなりません。

17-2

2)症状固定、手術、どちらを選択するか

受傷直後に手術を受けたものは、6か月後の残存症状で後遺障害を申請することになります。

骨折部に痛みを残しており、変形骨癒合が確認できれば、14級9号の認定となります。

一般的には、ギプス固定で保存的に治療が行われます。

この骨折の固定期間は、6~10週間と長期間となるため、手関節の装具をつけることもあります。

ところが、保存的に治療しても、XPで骨の吸収が強く、骨片がずれているものは、「偽関節となるので、手術で固定しましょうか?」 こんな議論が湧き上がってくるのです。

6か月の時点で、12級6号に該当する機能障害を残していれば、後遺障害の申請を優先しています。

地裁基準による等級別損害賠償額の比較 (単位 万円)

等級

後遺障害慰謝料

逸失利益

合計

14級9号

110(40)

185 (65)

295 (105)

12級6号

290(100)

947(518)

1237(618)

男性35歳、基礎年収480万円で積算したものです。

(   )は、保険会社が提示した積算です。

保険会社なら、105万円、12級6号でも618万円がやっとです。

弁護士が交渉することにより、14級9号でも295万円、12級6号であれば1237万円となります。

12級6号が予想されるときは、症状固定として、後遺障害を優先しなければなりません。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

交通事故に遭われて辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請のアドバイスも行います。お気軽にお問い合わせ下さい。

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード