交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

22手根骨骨折の総括

22-1

交通事故における手の外傷は、高頻度で発生していますが、疼痛、変形、腫れなどの症状が軽いと診察されたときは、捻挫、打撲、挫傷などと断定、放置されるか、十分な治療が行われていません。

脱臼、亜脱臼であっても、整復が完了すると、その後のフォローもなく、放置されることが多いのです。

 受傷直後、比較的症状が軽いと診察され、その後も漫然治療に終始した結果、保険会社が治療の打ち切りを決断した頃になって、無料相談会で後遺障害を相談されることが目立ちます。

これでは、手遅れとなります。 

手根骨骨折における後遺障害のポイント

1)よく目にする3つのパターン

①救急搬送された治療先で、手の専門医が診察したときは、先の異常を見逃すことはありません。

的確な画像検査で、骨折、脱臼、靱帯損傷が発見され、手術等、タイムリーな治療が開始されます。

となると、大きな後遺障害は期待できません。

しかし、劇的な改善で早期の社会復帰が実現できたのですから、これはこれで理想的な解決です。

でも、これは、少数例なのです。

 ②手の痛みを訴えても、もう少し様子を見ましょうと、主治医から相手にされないとき、被害者のとるべき行動は、専門医を受診することです。

これを、受傷から2カ月以内に実行する被害者は、適切な治療が実施され、大きな後遺障害を残すことなく、早期社会復帰が実現できる可能性が高いです。

 ③漫然と意味のない治療を続け、保険会社から治療の打ち切りを打診された頃に、動き出しても手遅れな場合があります。

この段階で骨折が発見されても、損保料率機構調査事務所は、被害者に対して、本件事故との因果関係の立証を求めることになり、立証ができなければ、非該当になるのです。

 2)分からないときは、早期に、交通事故無料相談会に参加することをお勧めします。

XP、CT、MRIの画像が読影でき、医療と弁護士のネットワークを完成させているのは、当事務所の最大の特徴です。

相談会では、まず、被害者自身で、どうやって解決すべきかを丁寧にお教えします。

とても、自分だけではできないとなれば、専門家が治療先へ同行して、アシストに入ります。

その後は、弁護士が、地方裁判所支払基準による損害賠償を実現します。

3)被害者の目指すべきは、早期社会復帰です。

交通事故では、予想を上回る衝撃を受けた結果、不可逆的な損傷を被ることがあります。

早期に専門医を受診しても、全員が後遺障害もなく治癒するのではありません。

ときには、後遺障害により、その後の社会生活で重大な支障を残すこともあります。

しかし、治療先の選択が正しければ、納得のできる治療と早期の社会復帰が実現できるのです。

無料相談会では、ムチウチで6か月も仕事を休んだり、骨折後の遷延治癒で2年になるのに社会復帰が実現できていない等の相談を受けることもあります。

これらの被害者が交通事故で失った社会的信用は、もう取り返すことができません。

怪我をしたことは、加害者の不注意であったとしても、治すのは被害者の責任であることを忘れてはなりません。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

交通事故に遭われて辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請のアドバイスも行います。お気軽にお問い合わせ下さい。

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード