交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

23手根骨の骨折 TFCC損傷

 

23-1

TFCC  Triangular Fibrocartilage Complex 三角線維軟骨複合体は、手関節の小指側、橈骨・尺骨・手根骨の間に囲まれた三角形の部分にあり、橈尺骨のスタビライザーの役目、回内・回外時の尺骨遠位端のクッションやベアリングとして働いています。

TFCCは、関節円板といわれるもので、骨では硬すぎるので、成分は、三角線維軟骨複合体、膝の半月版に相当する軟骨組織です。

交通事故で転倒した際に、手をつくことで多発しています。

TFCCは、尺骨三角骨靭帯、尺骨月状骨靭帯、掌側橈尺靭帯、背側橈尺靭帯、関節円板、尺側側副靱帯、三角靱帯の複合体です。

 現在では、専門医であれば、治療法は確立されています。

TFCC 損傷と診断されたときは、受傷直後は、安静、消炎鎮痛剤の投与、サポーターやギブスなどを用いて手関節を保存的に治療します。

この治療で70%の被害者に改善が得られています。

サポーターやギブスによる固定療法は、原則として3カ月であり、3カ月が過ぎても症状が改善されないときは、手術が適用されています。

多くは、関節鏡視下手術により、損傷等した靱帯やTFCCの縫合・再建術や滑膜切除術が実施されていますが、TFCCの損傷レベルによっては、切開手術となります。

尺骨突き上げ症候群によりTFCCを損傷しているときは、尺骨を橈骨と同じ高さにする尺骨短縮術が行われており、これは、切開手術です。

高齢者では、TFCC が摩耗しているために、手術が不可能なこともあります。

手関節にステロイド注射を行う治療法もありますが、関節内にステロイドを注入すると軟骨を痛めることがあり、MRI で十分に評価をした上で注入されています。

TFCC損傷における後遺障害のポイント

23-2

1)サラッと流してきましたが、事故直後にTFCC損傷と診断され、サポーターやギブス固定、さらには関節鏡視下手術により改善が得られる被害者は、現実問題として一握りです。

 TFCCは三角線維軟骨複合体であり、XPで確認できません。

TFCC損傷以外に、頚部捻挫があれば、上肢~手指のだるさ、痺れ、痛みを訴える被害者もいます。

もう少し、様子を見ましょう」 で、放置されるケールも少なくありません。

23-323-4

2)放置されたまま、それでも、痛みと手関節の可動域制限、握力の低下を訴えて、メール相談や無料相談会に参加される方もいらっしゃいます。

注目するのは、受傷直後から小指側の手首の痛み、手関節の可動域制限、握力低下を主治医に訴えていたのか? この一点です。

これらの自覚症状がカルテに記載されていれば、TFCC損傷を立証すれば、間に合います。

記載がなくても、2カ月であれば、主治医も修正に応じてくれる可能性があります。

しかし、4カ月以上が経過していれば、もう、主張しても手遅れになります。 

3)日本手外科学会でも、鏡視下での手術は高度な技術が要求されること、そして、TFCC 損傷の手術を行える専門医が少ないことを問題提起しています。

4)TFCC損傷が疑診される被害者は、受傷2カ月以内に受診してください。

専門医が卓越した技術で手術をするにしても、受傷から5、6カ月を経過すれば、損傷は陳旧化しており、劇的な改善は得られません。

残念ですが、症状固定を選択し、手関節の可動域制限で12級6号を確定させます。

示談締結後、仕事上で大きな支障が認められるときは、健保適用で手術を受けることになります。可動域制限は改善しますが、痛みの軽減はありません。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また1年に2回程度、JR徳島駅付近、JR姫路駅付近で交通事故無料相談会を開催しておりますので、徳島県、香川県や兵庫県姫路市 相生市の方もお気軽にご相談ください。

交通事故に遭われて辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請のアドバイスも行います。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード