交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

52手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障害のポイント

 

2)治療の現場では?

手指の専門外の開業医では、靱帯や腱損傷の知識に乏しく、元から関心を示しません。

骨折の発見では真剣さがありますが、XPによる画像診断では見落とすことが多いのです。

CT、MRIと積極的に撮影すればいいのですが、専門外では、そこまでの熱意がありません。

52-1

結果、「突き指なら、しばらく、様子を見ましょう」で、スルーされることが大半、カルテに自覚症状の記載を残すことも稀な状況となっているのです。

幸い、骨折が発見されたときでも、ギプス固定がやっとで、後療法のリハビリには無関心です。

なお、被害者にとって悲劇なのは、受傷直後では、それほどの訴えでもないのに、時間の経過とともに、ズレや不安定性が増強し、痛みや運動制限の訴えが強くなってくることです。

損保料率機構調査事務所は、等級の審査では、受傷直後からの症状の一貫性を重視しています。

ときをおいて、だんだん重症化するものは、疑いの目で見られるのです。 

3)合理的な解決には?

受傷2カ月以内に専門医を探し出して受診することです。

もう1つの有効策は、無料相談会に参加し、専門医の紹介を受けることです。

 専門医の優れたオペと後療法がなされれば、多くは後遺障害を残すこともなく治療が完了します。

もっとも、交通事故ですから、不可逆的な損傷で後遺障害を残すこともあります。

であっても、ダラダラ治療を続けることなく、早期社会復帰が実現できたことは事実です。

これは大いに評価できることなのです。

現実は、こんなにスムースには進んでいません。

漫然治療を続け、保険屋さんから治療打ち切りの催促を受けるにおよんで、やっと重い腰を上げる被害者が圧倒的なのです。

受傷から4、6カ月を経過していれば、専門医を受診、オペを受けても外傷は陳旧化しており、劇的な改善は得られず、当然のことながら、後遺障害も本件事故との因果関係を立証することができないで、大多数は全滅、轟沈することになります。

これは悔しいことですが、現実です。

4)後遺障害について

まず、手指の機能障害では、認定基準が相当に厳しいという事実があります。

もう1つ、手指の可動域の計測は煩わしい作業で、いつでも正確ではない現実もあります。

等級に踏み込むには、被害者の年齢、事故発生状況と画像、治療を行った治療先と医師、受傷からオペまでの期間、オペの技術、オペ後の後療法の情報が必要となります。

これらの情報は、無料相談会に参加されることでしか、正確につかみ取ることはできません。

やはり、受傷2カ月の段階で、専門医を受診する、後遺障害は無料相談会に参加して見通しをつけることが重要です。

鉄は、熱いうちに叩かなければなりません。

******************************************************************************************************

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にご相談ください。

交通事故に遭われてむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ後遺障害申請のアドバイスも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

どうぞ、お気軽にお電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

 

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード