交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

91足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)

足の裏が内側を向き、外側部だけが地についている状態を内反足と言います。

先天性のものが圧倒的ですが、交通事故外傷でも発症しています。

外傷性内反足に遭遇したときの、傷病名です。

短腓骨筋腱完全断裂、長腓骨筋腱部分断裂、距骨外反、前足・中足部内反、右腓骨遠位端骨折、右腓骨遠位端線損傷、

91-1

足関節の捻挫に伴って発症するものに、短腓骨筋腱縦断裂があります。

足の捻挫のあと、いつまで経っても外踝(くるぶし)の後部に疼痛があるときは、短腓骨筋腱断裂が疑われるのです。

上図は、オレンジ色が短腓骨筋、青色が長腓骨筋で、どちらも、足首を外へ返す働きをしています。

○印は、外踝(くるぶし)の後部ですが、そこでは、長・短腓骨筋腱が並んで走行しています。

足首を内側に捻挫したとき、短腓骨筋腱は、長腓骨筋腱と外踝の骨である、腓骨の間に挟まり、ストレスがかかり、縦に断裂することがあります。

また、短腓骨筋腱が外踝の後ろで亜脱臼して、縦に断裂することもあります。

外踝の後ろで、短腓骨筋腱が断裂したときは、外踝の後部が腫れ、疼痛を発症します。

91-2

内反足は、外反扁平足とは逆の、「く」の字の変形をきたします。

足の内返しとともに尖足(せんそく)を伴うことが多いとされています。

※尖足(せんそく)とは?

足の変形の一種であり、足の甲側が伸び、足先が下垂したまま元に戻らなくなった状態です。

踵(かかと)を地面につけることができないので、足先で歩くことになり、体幹の支持機能に悪影響をおよぼします。

懸念されるのは、足関節が内反位にあるため、外果の捻挫が多発して、変形性足関節症に発展する可能性が高いことです。

治療として、睡眠時以外は、短下肢装具の装用を指示して矯正することになります。

91-3左足関節部の粉砕骨折により外傷性内反足をきたしたものです。

靴は、靴紐でしっかりと固定できるもの、捻挫防止のためには、足関節を保持するミドルカットないしハイカットの靴と、靴底には、硬性のアーチサポートの装用が指示されました。

91-4

硬性アーチサポート

睡眠時以外の時間について短下肢装具の装用が指示されています。

これで矯正できるとの見通しはありません。

外傷性内反足における後遺障害のポイント

 

1)外傷性内反足による後遺障害は、等級認定表に定めがない?

足部の後遺障害は、足趾の欠損もしくは用廃、足関節の機能障害が規定されているだけです。

本件では、足関節に運動制限は認められていません。

したがって、政令別表の規定により、他の後遺障害に準じて等級の認定を求めることになります。

 

2)外傷性内反足により、日常の生活に生じる支障についての立証


ポイントは、短下肢装具による矯正です。


長時間装用しなければならず、全力疾走は不可、僅かな距離の小走りがやっとの状態です。


しかし、頑張って歩行訓練を続けないと、筋力は目に見えて低下していきます。


外傷性内反足で歩行に支障があり、固定装具の装着を常時、必要としない程度のものであれば、10級相当の認定が妥当である場合が多いでしょう。

***********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード