交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

92     右腓骨遠位端線損傷

92-1 92-2

足関節の骨および腓骨の遠位端には成長軟骨層があり、骨端核を中心に成長していきます。

骨端線損傷は、骨の骨端線部分およびその周囲に起こる骨折のことです。

今回は、遠位端線の損傷を解説します。

 

成長期ではどんどん骨組織が発達します。

下腿骨の骨と腓骨が、どんどん伸びていくのです。

この時期に足の捻挫などにより骨端線=成長軟骨部分を損傷することがあります。

足関節を構成する骨および腓骨の遠位端には成長軟骨層があり、骨端核を中心に成長と共に成人の骨へと変化していくのですが、骨端部分が成人に近い状態にまで完成されても、骨と腓骨の成長が終了するまでは、骨幹と骨端の間に骨端線が残っています。

骨端線部分は完成された骨よりも当然に、強度が弱く、外力による影響を受けやすい部分であることから、強い外力の働いた捻挫や衝撃で骨端線損傷を起こしやすいのです。

損傷の程度が軽いものでは、レントゲン検査でも分かりにくく、捻挫と診断されるようなものから、骨端線からきれいに骨折している重傷例まで、いくつかの種類に分かれます。

問題なのは、骨端線骨折は、癒合を果たしたとしても、くっきり線が残っており、痛めやすく、骨折しやすくなることです。

そして、交通事故外傷では、癒合で完治と断定することはできません。

成長著しい幼児~10代は、爆発的に骨組織が伸長するので、容易に癒合します。

しかし、その後、骨折しなかった方の足と比べ、転位や骨成長の左右差、軟骨の不具合による関節裂隙の左右差などが残存することがあります。

これが可動域制限や、疼痛などにつながれば後遺障害の対象となります。

右腓骨遠位端線損傷における後遺障害のポイント

1)骨端線損傷で重要なことは、骨端線の閉鎖と、変形治癒の可能性の診断です。

骨端線の閉鎖では、骨や腓骨のどちらか一方、もしくは両方の成長がストップすることで、例えば、骨の骨端線だけが閉鎖し、腓骨の骨端線が成長を続けると、成長に伴って足関節が内反変形を起こすことになります。また、骨と腓骨の両方の骨端線が閉鎖したときは、足関節の変形は防げても、下腿の成長が止まるため、左右の脚長差、短縮障害を残します。

また、骨折片の転位や骨折線が関節軟骨におよぶと変形治癒を残します。

 

下肢の短縮障害

等級

内容

8級5号

一下肢を5cm以上短縮したもの、

10級8号

一下肢を3cm以上短縮したもの、

13級8号

一下肢を1cm以上短縮したもの、

上肢に短縮障害はありません。

「一下肢を1cm以上短縮したもの。」これが13級8号の認定要件です。

骨折した方がとは記載されていないのです。

骨端線損傷のパターン

①正常なもの、

 92-3

②骨の骨端線を横断するように骨端線が離開したもの、

92-4

③高所より落下、足底方向から強い衝撃を受けたとき、成長板の圧迫骨折となったもの、

92-5

④骨に上方から外力が作用したとき、足関節の強い捻挫で骨々端核が垂直や斜め骨折、

92-6

⑤骨々端の斜骨折、腓骨の斜骨折

92-7

⑥骨々端の内側を斜骨折、腓骨の骨端線で屈曲骨折したもの、

92-8

************************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

 

 

 

 

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード