100 骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)

100 骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)

100-1

膝窩の上方で坐骨神経から分岐し、膝窩動・静脈の後側に沿って下降、くるぶし後方で足底神経に分岐し、下腿後側の筋肉や足底の筋肉群の一部を支配しています。

骨神経は深部を走行しており、外傷の際に損傷を受けることはほとんどありません。

稀に、膝窩部で損傷を受けることもありますが、腓骨神経麻痺に比較すれば少数例です。

 

ともあれ、骨神経の完全麻痺は、大腿骨顆部や骨プラトー部の挫滅的な粉砕骨折に伴って発症することが予想されるので、この傷病名があるときは神経質な対応をしています。

骨神経が完全麻痺すると、腓腹筋、ヒラメ筋の麻痺により足関節の底屈、内反、足趾の屈曲が困難となり外反鉤足を示します。

※外反鉤足=踵足は、足のつま先が宙に浮き、踵だけで接地する足の変形です。

 

中足骨の骨間筋は、神経麻痺のため、足趾に鉤爪変形が生じ、また、足底の感覚障害も起きます。

骨神経麻痺の代表は、神経の完全断裂ではなく、絞扼性神経障害の足根管症候群です。

つま先立ちができない、足趾の屈曲が困難、足底の夜間痛、痺れなどの症状が出現しますが、大半は、保存療法もしくはオペで改善が得られるものであり、であれば、過剰反応することもありません。 

骨神経麻痺における後遺障害のポイント

1)交通事故外傷による骨神経麻痺が少ないことは事実ですが、大腿骨顆部や骨プラトー部の開放性で挫滅的な粉砕骨折、足関節の開放性3果骨折、距骨、踵骨のグレード3以上の骨折では、具体的な症状を確認し、神経質にフォローしています。

いつの日か、遭遇すると考えているからです。

 

2)骨神経の完全麻痺では、足関節の自動底屈運動が不能となり、8級7号が認定される可能性があります。

足趾全ての自動屈曲運動が障害されていれば、9級15号、併合で7級が認定される可能性があります。

外反鉤足についても、日常生活で装具の装用が必要なのか、足趾に鉤爪変形、足底の感覚障害も後遺障害の対象として検証する必要があります。

***********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

 


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード