交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

113 突き指のいろいろ 

113-1

113-2

手指の正常な状態では、上側に伸筋腱、下側に屈筋腱、関節の左右には、内・外側々副靱帯があり、それぞれ連結して、指の可動域を確保しています。

113-3

腱断裂のイラストでは、人差し指の伸筋腱が、DIP関節のところで断裂しています。

突き指の外力で生じた皮下断裂であり、突き指=伸筋腱の断裂が圧倒的多数です。

断裂した先の手指は、伸ばすことはできません。

DIP、PIP関節上部での皮下断裂は、一般的には、保存療法で治療、装具により、手指を伸ばした状態で4週間以上の固定が行われるのが一般的です。

こんな指先の腱断裂であっても、開放性では、早期に開創、短縮している腱の断端を引き寄せ、縫合しなければなりません。

 

でも、伸筋腱の皮下断裂では、時間が経過すると、それほど大きな痛みを感じないのです。

「ああ、突き指ですね、その内治りますよ」これで放置されるのが最大の問題点となっているのです。

 

次は、裂離骨折のイラストをチェックしてください。

これは、人差し指の伸筋腱が、DIP関節より先の付着部から断裂して外れたことを意味します。

これは裂離骨折もしくは剥離骨折と呼ばれています。

 

腱と関節包との結合部位では剥離骨折が多く、伸筋腱断裂によってマレットフィンガーと呼ばれる遠位指節間関節の屈曲変形が生じることがあります。

113-4

軽度であれば6週間程度の固定で改善が得られますが、重度の腱損傷や骨折を伴うときは、こんな指先でも、オペが選択されています。

骨折型、粉砕の程度、軟部組織の損傷の程度によっては、オペ後に指拘縮が起こりやすく、また、発生部位に関わらず、整復が不完全なときは、運動障害や運動痛を残します。

 

では、脱臼骨折です。

イラストは、右人差し指の真ん中、PIP関節部で、交通事故による突き指では、頻度が高いものです。

手指の関節の骨折では、もっとも治療が困難で、これでも、オペが選択されることが多いのです。

関節が安定していればシーネなどで固定して治療します。

関節が不安定で、関節面に40%以上のズレが認められるときは、オペが選択されます。

 

最後は、側副靱帯の断裂です。

右手人差し指のPIP関節部、内側々副靱帯が断裂しています。

手指関節の両側には、関節の側方への動揺性を制御し、横方向に曲がらないようにしている側副靭帯という組織があります。

側副靭帯は転倒などで、側方への強い外力が加わったときに損傷します。

受傷直後に適切な治療を行わないと、側方へ指が曲がる、クロスフィンガーや力が入らない等、不安定性を残します。実は、人差し指よりも、母指MP関節尺側々副靭帯の損傷が好発部位です。

 

母指第2関節の尺側の側副靭帯の完全断裂では、ギブス固定を行っても治癒することはありません。

最初からオペの選択となり、専門医の領域です。

 

不安定性が少ないときは、2~4週間のギプス固定で、その後、徐々にリハビリが開始されます。

XPで異常が確認されないときでも、一定期間の外固定は必要となります。

それでも、不安定性が改善されないときは、オペが選択されています。

突き指における後遺障害のポイント

 

1)腱断裂、裂離骨折、脱臼骨折、側副靱帯断裂について説明しましたが、専門医以外の整形外科では、これらは全て、「突き指、その内治る」として扱われているのです。

 

交通事故で突き指となっても、会社を休むなんてことは、普通、考えません。

ちょっとした不自由や痛みを感じながら、仕事を続けるのですが、症状はどんどん悪化していきます。

その頃に、心配となって専門医を受診すると、入院下でオペと診断されるのです。

0:100の交通事故で、長期間苦しみ、保険会社からは示談の督促を頻繁に受け、不愉快この上ないパターンです。

 だから、専門医の受診を急がなければならないのです。

専門医を受診すれば、右第2指伸筋腱断裂、右第2指遠位伸筋腱裂離骨折、右第2指PIP関節脱臼骨折、右第2指外側々副靱帯断裂の傷病名となり、オペの内容も診断書に記載されます。

2)指の後遺障害は、骨折部の痛みと関節の機能障害です。

例えば、親指で10級7号の認定を受けるには、MCP、IP関節の可動域が、健側の2分の1以下でなければならず、他の指でも、用廃では、MCP、PIPが2分の1以下が認定要件です。

ところが、先の傷病名で放置されても、2分の1以下には、滅多にならないのです。

したがって、痛みを立証して14級9号で納得することが大半なのです。

突き指では、後遺障害よりも、専門医を頼ってきちんと治すことになります。

********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

 

 

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード