交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

119下腿のコンパートメント症候群

119-1

上・下肢の筋肉、血管や神経組織は、筋膜や骨間膜に囲まれており、この閉鎖された空間、構造をコンパートメント、あるいは筋区画と呼んでいます。

下腿には、イラストで示すように、前部、外側、深後部、浅後部の4つのコンパートメントがあります。

 

※参考までに、前腕部のコンパートメントは、屈筋群、伸筋群、橈側伸筋群の3つです。

前腕部に生じたものは、コンパートメント症候群ではなく、フォルクマン拘縮と呼ばれています。

前腕部では、屈筋群が非可逆性壊死に陥り、その末梢に拘縮や麻痺を生じることが多いのです。

 

交通事故による大きな衝撃で、この内部に出血が起きると内圧が上昇し、細動脈を圧迫・閉塞、筋肉や神経に血液が送れなくなり循環不全が発生し、筋・腱・神経組織は壊死状態となります。

この状態が長く続くと、元に戻らなくなってしまいます。

元に戻らなくなることを、医学の世界では、非可逆性変化と言います。

筋肉は4~12時間、神経は12時間を経過すると非可逆性となるのです。

骨々幹部骨折に合併して、コンパートメント症候群を発症することがあります。 

下腿のコンパートメント症候群では、前骨筋、足の親指を伸ばす筋肉である長母趾伸筋、前骨動静脈・腓骨神経が障害を受けるのです。

①puffiness=著明な腫れ、

②pain=疼痛、

③pulselessness=動脈拍動の減少ないし消失、

④pallor=四肢の蒼白、

⑤paralysis=知覚異常、

 

これら5つのPが認められれば、コンパートメント症候群です。

初期症状を説明しましたが、最終的には、筋肉がカチカチに拘縮してしまいます。

 

治療では、ただちに筋膜の切開、血腫の除去が実施されます。

安静や下腿を上にあげたりしますが、フォルクマン拘縮と同じく、一度コンパートメント症候群が進み、筋肉の壊死までなってしまうと、基本的には治療法はありません。

あくまでも、発生予防を心がけることになります。

 

飛行機の長旅で死に至る、エコノミー症候群が、一時、話題になりましたが、これも、コンパートメント症候群の一種です。

119-2

エコノミーの狭い座席に長時間座ったままでいると下半身の静脈内に鬱血が生じます。

血流の停滞が静脈内血栓を発生させる原因となるのです。

目的地の空港に着陸、歩き始めたときに静脈内血栓が下大静脈内に流れ出し、肺動脈に詰まると肺動脈内血栓症を発症、突然の呼吸困難から循環不全に陥り、死に至ることもあります。

 

この予防法は、

①飛行機内を定期的に歩き回る、

足首の背屈運動を行い筋肉のポンプを利用して静脈の鬱血を取る、

 

②夜間の脱水を避けるために水分を十分に摂る、

こうするとトイレにも頻繁に行かざるを得なくなり①の目的も達成されます、

 

③水分は血栓の発生を予防するマグネシウムをたくさん含んだ、深層水が良いとのことです。

 

下腿のコンパートメント症候群における後遺障害のポイント

 

1)・腓骨々骨幹部開放性骨折など、オペによる内固定がなされたときは、コンパートメント症候群を発症することは滅多にありません。

 

注意を要するのは、・腓骨の閉鎖性骨折で転位が少ないときです。

非開放性で、転位のないときは、整復の上、ギプス固定がなされます。

被害者が下腿の疼痛を訴えるも、鎮痛消炎剤の投与で見過ごされたときは、時間の経過にしたがって、深刻な症状を来します。

 

2)医療過誤か、不可抗力か

・腓骨々幹部骨折でコンパートメント症候群となり、放置して後遺障害を残したとなると、これは、常識的には、やるべき処置を怠った医療過誤であると思われます。

ギプス固定、オペによる内固定であっても、実態として、被害者は入院下にあります。

 

①puffiness=著明な腫れ、

②pain=疼痛、

③pulselessness=動脈拍動の減少ないし消失、

④pallor=四肢の蒼白、

⑤paralysis=知覚異常、

 

被害者の訴えと、上記の5つを見逃すことがなければ、筋膜の切開、血腫の除去により、コンパートメント症候群は治癒すると考えられるからです。

しかし、医療過誤の可能性が高いときであっても、それを軽々に口にしてはなりません。

 

医療過誤となれば、保険会社は治療費を含む損害賠償から撤退するからです。

入院中に、医療過誤など口走ろうものなら、主治医、治療先との関係悪化につながります。

後遺障害診断における通常の対応でさえ、得られなるので注意がひつようです。

 

********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード