交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

123 骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)

123-1 123-2

右膝関節の正面骨格図            骨近位端の後方図

 

8~12歳の小児に好発、成人でも発生している前十字靭帯付着部の剥離、裂離骨折です。

前十字靱帯損傷と同じですが、交通事故では、自転車やオートバイの転倒、田んぼや崖下への転落で発生しています。

 

骨の上部で剥離しているのは、前十字靭帯であって、大腿骨ではありません。

骨顆間隆起骨折は骨の前十字靱帯付着部の裂離骨折であり、骨折は前十字靱帯の牽引力によって生じるもので、損傷のレベルでは、Meyersの分類が最も広く用いられています。

 123-3

1       2        3        3+

1型 骨片が母床からほとんど離れていないもの、

2型 骨片の前1/3~1/2が浮き上がっているが後方では母床との連続性が保たれているもの、

3型 骨片全体が母床から完全に遊離しているもの、

3+型 骨片が後方に反転転位しているもの、

123-4

骨片の転位の程度により4タイプに分類され、治療法の選択がなされています。

1、2型に対しては保存療法を、2型の内、骨片の存在により完全伸展が不能な例、前方動揺性が強い例と3型については、オペの適応となります。

 

症状は、膝関節の捻挫、打撲後に、急激に膝関節が腫れて強い痛みを訴え、膝を伸展することができなくなります。診断では、XP検査と注射器による関節液の吸引が行われます。

転位がない、軽微なときは、XPで判断できませんが、膝関節内で骨折や靱帯損傷があるときは、吸引した関節液に血液が混入します。

骨折の有無を評価するのにはCT、MRIが有用です。

 

治療は、整形外科にて整復と固定が行われます。

顆間隆起が完全に剥離して、骨片の固定が不可能なときは、オペによる整復固定が行われますが、そうでないときは、保存的に徒手整復後、膝関節を20°屈曲位に固定します。

保存的療法では、平均すれば、4~5週の固定期間です。

予後は良好で、後遺障害を残すことは、ほとんどありません。

 

しかし、発見が遅れたものや、発見後、放置されて陳旧化したものは、膝の可動域制限や関節の安定性を失い動揺関節を生じます。

 

骨顆間隆起骨折における後遺障害のポイント

 

1)大人の骨顆間隆起骨折は、前十字靱帯損傷と捉えてアプローチする必要があります。

相談に来られる方の多くが、発見が遅れたもの、発見するも放置され陳旧化したものばかりですが、Lachmanテストを行い、脛骨の前方引き出しのレベルを確認しています。

123-5

Lachmanテスト

膝を15~20°屈曲させ、前方に引き出します。

前十字靱帯損傷では、脛骨が異常に引き出されます。

 

動揺性が認められるときは、ストレスXP検査で左右差を立証します。

5~8mmで12級7号、8~10mmで10級11号が認定される可能性があります。

大多数は、12級7号が認定されています。

ポイントは、ストレスXP撮影による動揺性の立証にあります。

130-3

テロスSE使用によるストレスXP撮影

「Lachmanテストにより7mmの動揺性を認める」

後遺障害診断書に記載されても、それだけでは立証したことにはなりません。

必ず、テロスSE使用によるストレスXP撮影を受け、画像分析ソフト、ONISにより左右差で7mmの動揺性あり、と結論しなければなりません。

なお、動揺性が10mmを超えていれば、前十字靱帯は断裂していると診断されます。

 

当然ながら、3DCT、MRIで骨顆間隆起骨折後の骨癒合レベルの立証も忘れてはなりません。

 

2)いつ、症状固定とするのか

相談に来られたときに6カ月以上が経過していれば、直ちに、症状固定を決断することになります。

陳旧性の前十字靱帯再建術となると、最低でも、4カ月の入院、2カ月のリハビリ通院が必要です。

さらに、どの程度まで改善が得られるかは保証の限りではないのです。

 「その治療費を保険会社が負担する」これは夢物語です。

仮に、負担してくれるとしても、さらなる6カ月の休業をが必要になり、仕事などへの影響が懸念されます。

********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード