交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

124腓骨骨折

124-1

赤○印、上から近位端、骨幹部、遠位端

腓骨の単独骨折は、近位端骨折、骨幹部と遠位端骨折の3種類です。

 

腓骨は、骨と対になって下腿を形成している骨で、長管骨に属し、骨の外側に位置しています。

右膝外側を手で触れると、ボコッと飛び出している部分が確認できますが、それが腓骨近位端部です。膨らんでいる近位端は、腓骨頭と呼ばれています。

腓骨頭の先端にはとがった腓骨頭尖があり、骨に面する部分に腓骨頭関節面を有しています。

 

交通事故では、バイク、自転車と自動車の出合い頭衝突などで、膝の外側部に直撃を受けたときに、腓骨近位端骨折もしくは腓骨頭骨折を発症しています。

腓骨頭部には、坐骨神経から分岐した腓骨神経が走行しており、腓骨神経麻痺を合併することがあり、そうなると厄介です。

腓骨神経麻痺の詳細は、98、99、100を参照してください。

 

中央部の骨折は、骨幹部骨折と呼ばれています。

124-2 124-3

腓骨々幹部骨折のXP画像です。

転位が大きく、AOプレートで内固定されています。

 

しばしば、骨々折を合併することが多く、骨短縮、仮関節、コンパートメント症候群の後遺障害を残すことがあります。この詳細も、117を参照してください。

124-4

遠位端部の骨折は、外くるぶし部分で発生する頻度が高く、足関節外果骨折と呼ばれています。

この詳細も、小学生の成長期では、92を、大人であれば、93を参照してください。

 

腓骨の単独骨折では、転位が少なく、ギプス固定されたものは、およそ7週間で骨癒合が得られます。

オペが実施されたときは、骨折のレベルによりますが、概ね、12週で骨癒合は完成します。

 

腓骨の単独骨折における後遺障害のポイント

 

これまで、骨は体重を支える骨であり、重視してきましたが、腓骨は、なくてもいい骨と理解しており、多くの整形外科医は、無視する傾向でした。

 

しかし、腓骨には、歩行時の衝撃の吸収と、足首を自在に動かす、巧緻運動の役目があります。

これらの役割が、腓骨の骨折で、どのように阻害されているか?

従来よりも、拡大した観点で、後遺障害を探る必要があると考えているところです。

 

骨折部の骨癒合の状況は、3DCTで立証します。

足首の可動域は、背屈と底屈にとどまらず、内転、外転、内返し、外返し、回内、回外にまで範囲を拡げて、機能障害を検証する必要があります。

 

サッカーの絶妙なシュートやパス、あるいはドリブルなどは、下腿骨が2本あることにより、足首が自在に動くことではじめて可能になるのですが、これが障害されたとなれば、立派な後遺障害です。

 124-5 124-6

124-7 124-8

********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

 

 

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード