頭痛の後遺障害等級

頭痛(先の類型に関係なく決まります)の後遺障害等級

9 級 10 号

一般的な労働能力は残存しているが、激しい頭痛により、ときには労働に従事することができなくなる場合があり、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの、

12 級 12 号

労働には通常差し支えがないが、ときには労働に差し支える程度の強い頭痛が起こるもの、

14 級 10 号

労働には差し支えがないが、頭痛が頻回に発現しやすくなったもの、


 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード