交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

160 テニス肘

上腕骨外側上顆炎と上腕骨内側上顆炎 (ないがいそくじょうかえん)

 160-1

160-2

160-3

テニス肘には、バックハンドストロークで肘の外側を傷める外側上顆炎と、フォアハンドストロークで肘の内側を傷める内側上顆炎の2種類があります。

いずれも、ボールがラケットに当たる衝撃が、手首を動かす筋肉の肘付着部に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷をきたし、炎症を発生するものです。

 

前者では手首を背屈する筋肉がついている上腕骨外側上顆、肘の外側のでっぱりに、後者では手首を掌屈する筋肉の付着部、上腕骨内側上顆に発生するため、それぞれ上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎ともいわれます。

 

テニス以外でも、包丁を握る調理師や手首を酷使する仕事で発症しています。

長時間のPC操作の繰り返しによっても、テニス肘は発症しています。

手首と肘の力を、繰り返し酷使することで、筋や腱の変性や骨膜の炎症が引き起こされるのです。

当然ながら、変性は、加齢によっても起こります。

 

症状は、手首を曲げる、回内・外の動作で、肘に痛みが走ります。

そして、雑巾を絞る、ドアノブを回す、ペットボトルのキャップを回すことが痛みで、できなくなります。

 

抵抗を加えた状態で手首を背屈させるトムセンテスト、

肘と手指を伸ばし、中指を押さえる中指伸展テスト、

肘を伸ばし、椅子を持ち上げるチェアーテスト

これらの検査で、上腕骨外側・内側上顆部に痛みが誘発されます。

炎症所見は、MRI、エコー検査で確認することができます。

 

治療は、大多数が保存療法です。

局所を安静下におき、消炎鎮痛薬の内服や外用、その後は、前腕や手関節を曲げるストレッチ、温熱、低周波、レーザー光線などのリハビリ、エルボーバンドの装着などが行われています。

 

日常生活では、手のひらを下にしてモノを持ち、肘で動かすことは、肘に負担がかかるので避けなければなりません。

手のひらを上に向けて持つのはかまいません。

 160-4160-5

160-6

 

手のひらを後ろに向けるような持ち方も、肘に負担がかかるので避けなければなりません。

テニス肘で、後遺障害を残すことは、常識的には考えられません。

 

上腕骨外側上顆炎と上腕骨内側上顆炎における後遺障害のポイント

 

1)交通事故で多発している傷病名ではありません。

受傷直後から正しい保存療法が選択されれば、大多数は6カ月以内に改善が得られています。

 

2)しかし、問題となるのは、「肉離れでしょう」 などといい加減な診断で放置されたときです。

6カ月を経過しても、手首を曲げる、回内・外の動作で、肘部に疼痛があり、そして、雑巾を絞る、ドアノブを回す、ペットボトルのキャップを回すことができないときは、後遺障害を申請します。

炎症所見は、エコー検査で立証しますが、6カ月を経過しており陳旧性=古傷所見では、エコー検査で発見できないことがあります。

多くは、骨挫傷を伴っており、そうなるとMRI検査が有用です。

立証できた炎症所見の大きさに影響されますが、肘の神経症状として、14級9号、12級13号が認定されつ可能性があります。

 

3)肘関節の機能障害で12級6号が認定されないの?

個別に検討しなければなりませんが、立証された器質的損傷が炎症所見であれば、追加的な治療で改善が得られるに違いないと調査事務所は想定すると思われるのです。

であれば、神経症状として捉えるであろうと、先回りをして予想しています。

********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード