外傷性頚部症候群(むちうち 頚椎捻挫)と14級9号について

いわゆるむち打ちについて、自賠責調査事務所が採用している14級9号の後遺障害認定要件については、やや抽象的でわかりにくいものですが、下記のとおりとされています。

「外傷性頚部症候群に起因する症状が、神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、①受傷時の状態や②治療の経過などから③連続性、一貫性が認められ、説明可能な症状であり、④単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるもの。」

①「受傷時の状態」について

いわゆるむち打ちについて14級が認定される可能性があるものは一般的には後方からの追突でそれなりの衝撃がある場合に限定されています。見た目も傷がわかりにくいなどの軽微な物損事故については14級は認定されにくいといえます。ただ、最終的にはむち打ちの程度問題となり物損の内容など個別具体的に認定される問題となります。当事務所では豊富な事例があります。

②「治療の経過など」について

まずむち打ちについて通院状況について確認することになります。月数回程度の通院では、軽い捻挫型のむち打ちにすぎず大した症状がなかったのであろうとの推定が働きます。

また、事故から数カ月を経過してむち打ちの症状が発症したものは、事故によるものではないと判断され因果関係が否定されます

③「連続性、一貫性」について

むち打ちの被害者の訴える自覚症状がについて、事故直後から、左右いずれかの頚部、肩、上肢~手指にかけて、重さ感、だるさ感、しびれ感の神経症状を訴えているかポイントになります。

②の要件にも関係しますが、むち打ちの症状について相当の通院実績があることがポイントになります。

むち打ちの被害者がどんな症状を訴えても、月数回程度の通院では14級は認定されることはまずないです。

④「単なる故意の誇張ではないと医学的に推定される」について

 むち打ちの被害者の訴える自覚症状が医学的に不自然であるなどの場合には14級は認定されない傾
 向にあります。
 
 当事務所では、主として追突事故でむち打ち、頚椎捻挫になった被害者の方のサポートの経験が豊
 富です。物損の程度がそれなりに重い方はお気軽にご相談ください。

 

  • 神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律事務所

  • 随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

    メインコンテンツ

    事務所コンテンツ

    アクセスマップ

    対応エリア

    対応エリア

    相談票ダウンロード