交通事故の賠償金は弁護士に依頼することで大幅に増額する場合があります

こんな悩みをお持ちの方ご相談ください!

172 橈骨遠位端骨折、コーレス骨折とスミス骨折

1)コーレス骨折

橈骨の遠位、つまり心臓より遠い部分ですから、印象としては、手首の骨折となります。

倒れたとき、手をついた際、橈骨遠位端骨折が生じますが、手のつき方で骨折の名前が違います。

転倒時に手の平をついて倒れたときは、Colles骨折、手の甲をついて倒れたときは、Smith骨折と呼ばれているのです。

172-1

手首に強い痛みがあり、短時間のうちに腫れて来ます。

手のひらをついての骨折では、食器のフォークを伏せて置いたような変形が見られます。

172-2 

健側の手で支えないと、患側の手はブラブラ状態で力が入りません。

骨折や腫れで神経が圧迫され、親指~環指母指側1/2までの指が痺れることもあります。

172-3

正中神経麻痺を好発する部位です。

XPで確認でき、骨折部は、フォーク背様に変形がみられます。

以前は、麻酔下で徒手整復を行い、前腕の変形を起こさせないため上腕からギブス固定を行うのが主流でしたが、現在では、ロッキングプレートによる固定が一般的です。

172-4

プレート固定により、早期にリハビリを開始し、手関節の機能障害を防いでいます。

 

2)スミス骨折

172-5

転倒の際に、手の甲を地面について骨折すると、骨折部は手のひらの方向にズレます。

自転車のハンドルを持ったまま転んだときに骨折するのですが、これはスミス骨折と呼ばれています。

XPでは、骨折片は、コーレス骨折とは逆の手掌側に転位しています。

それ以外では、合併症、症状等はコーレス骨折と同じです。

 

橈骨遠位端骨折、コーレス骨折とスミス骨折における後遺障害のポイント 

1)ロッキングプレートなど、これだけ医療技術が進歩していても、ローカルでは、今なお、徒手整復後のギプス固定が治療の主流となっています。

この治療法であれば、6カ月で症状固定を選択すれば、手関節の機能障害で12級6号の可能性が高くなります。

 

2)前腕骨は橈骨と尺骨で構成されており、手首のところで、2つの骨が橈尺関節を形成しています。

骨折による橈骨の背側の傾きが20°以上、橈骨が5mm以上の短縮変形をきたすと、この関節の機能に障害をもたらします。

手関節の疼痛、握力の低下、前腕の回内・回外制限等を発症するのです。

ロッキングプレートによる固定であっても、上記がキーポイントとなります。

3DCT画像をONISのソフトを駆使して分析することになります。

 

3)疼痛の軽減と運動制限の改善を目的として橈骨矯正骨切り、尺骨短縮手術等が行われていますが、その前に、症状固定として後遺障害を申請しなければなりません。

********************************************************************

交通事故に遭われて、骨折やむち打ちで辛い症状が残り、お困りの被害者の方へ、後遺障害申請や認定後の異議申立のサポートも行います。

交通事故被害者様のお力になれるよう、尽力いたします。

弁護士費用特約加入の方なら、姫路・加古川・明石・神戸・芦屋・西宮・尼崎はもちろんですが、岡山・京都・滋賀・徳島・香川にも弁護士が無料相談に出かけております。

また毎月2回程度、弁護士法人あしや 岡田法律事務所や京橋・三宮・梅田・姫路・徳島・姫路 各会場等で交通事故無料相談会を開催しております。

徳島県、香川県や兵庫県・大阪・京都の方もお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。

問合せバナー

傷病名別コンテンツ

頭部(眼・耳・鼻・口・顔・脳) 頸部 体幹・脊柱(胸部・背部・腰部・臀部・脊柱) 下肢(股から足指まで) 上肢(肩から手指まで)

  • 【頭部】高次脳機能障害など
  • 【頚部】むちうち、頚部捻挫
  • 【体幹・脊柱】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【上肢】変形性頚椎症、中心性脊椎損傷、脊柱官狭窄症、鎖骨変形など
  • 【下肢】股関節脱臼・骨折、後十字靭帯損傷、半月版損傷、足関節果部骨折など

弁護士・岡田潤からのご挨拶

弁護士  岡田 潤

当事務所は、神戸・芦屋で交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的に去年の12月にサイトをオープンさせ、多数のご相談をお受けいたしました。

当事務所の弁護士の岡田は交通事故に力を入れるため他の分野の依頼件数を抑え、交通事故分野に特化しております。

よりよいリーガルサービスをご提供できるよう、人体模型や専門書を揃えたり、後遺障害の専門家との勉強会を行たりして、交通事故に関する知識を深めています。

交通事故にあってしまいどうしていいか分からない方は当事務所までご相談ください。

神戸・芦屋の交通事故問題のことなら弁護士法人あしや岡田法律法律事務所へ

随時電話相談受付中 弁護士と都合が合えば当日・翌日の相談も受け付けております。まずはお電話ください。 一人で悩まずまずは相談 TEL.0797-62-6502 平日・土日祝9:00-20:00

メインコンテンツ

事務所コンテンツ

アクセスマップ

対応エリア

対応エリア

相談票ダウンロード